BMW X3/X4 改良新型、高性能仕様「Mモデル」を発売

BMW X3 Mコンペティション
BMW X3 Mコンペティション全 26 枚

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『X3』『X4』改良新型をベースにしたMモデルを10月28日より発売した。

BMW M社が開発する高性能マシン、Mモデルには2つのカテゴリーがある。1つはサーキットでの走行を可能としたMハイパフォーマンスモデル、もう1つはサーキットで培われた技術をフィードバックし、走行性能を高めたMパフォーマンスモデル。今回発表の『X3 Mコンペティション』および『X4 Mコンペティション』はMハイパフォーマンスモデル、『X3 M40i』『X3 M40d』および『X4 M40i』はMパフォーマンスモデルに位置付けられる。

X3 MコンペティションおよびX4 Mコンペティションは、最高出力510ps/最大トルク620Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒直噴ツインターボエンジンとドライブロジック付きの8速Mステップトロニックの組み合わせ。圧倒的なパワーで0-100km/h加速3.8秒を実現している。ボディ含め、ドライブトレーンを構成する各種パーツには、アルミニウムを多用することで、軽量化を図り、運動性能を高めている。さらに、Mアダプティブサスペンションを標準装備することで、スポーツドライビングのみならず、街中走行時の乗り心地も向上。よりハードなサーキットでの走行を可能とするため、耐熱、耐フェード性能に優れた大径ブレーキディスク、軽量化された6ポッドMコンパウンドブレーキを標準装備する。

X3 M40iおよびX4 M40iは最高出力388ps/最大トルク500Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒直噴ターボガソリンエンジンを、X3 M40dは最高出力340ps/最大トルク700Nmを発揮する3.0リットル直列6気筒直噴ターボディーゼルエンジンを搭載。また、インテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」やアダプティブMサスペンション、Mディファレンシャルによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現する。

BMW X3 Mコンペティション(左)とBMW X4 Mコンペティション(右)BMW X3 Mコンペティション(左)とBMW X4 Mコンペティション(右)

そのほか、ベースモデル同様、最先端の運転支援システム「ドライビングアシストプラス」に加え、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載。総合テレマティクスサービス「BMWコネクテッドドライブ」、より自然な会話に近い言葉で適切な機能やサービスを起動可能にする「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」を装備する。

価格はX3 M40iが883万円、X3 M40dが902万円、X3 Mコンペティションが1311万円。X4 M40iが920万円、X4 Mコンペティションが1338万円。

BMW X4 Mコンペティション(左)とBMW X3 Mコンペティション(右)BMW X4 Mコンペティション(左)とBMW X3 Mコンペティション(右)

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  2. 土屋圭市がスバル WRX S4 を試乗…峠賛歌
  3. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  4. 自動車衝突安全技術を採用した自転車ロック、アイシン高丘が開発 12月10日より先行予約
  5. トヨタ カローラクロス、欧州発表…日本と異なるフロントマスク
  6. ハーレー最後の空冷スポーツスター? 日本限定『フォーティーエイト ファイナルエディション』発表
  7. デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正
  8. 【メルセデスベンツ EQA 新型試乗】航続距離は422km。普通に使える感じはするけれど…中村孝仁
  9. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  10. 旧車ファン、2割は個人売買で購入…最多価格帯は「201万~500万円」
ランキングをもっと見る