JR四国の初代『伊予灘ものがたり』、ラストランはツアー列車に 12月27日

初代『伊予灘ものがたり』のラストランは旅行商品として運行される。
初代『伊予灘ものがたり』のラストランは旅行商品として運行される。全 4 枚写真をすべて見る

JR四国は11月24日、初代『伊予灘ものがたり』の運行が12月27日限りで終了することにちなんで、同日にラストランツアーを実施すると発表した。

『伊予灘ものがたり』は2014年7月から運行を開始した予讃線の観光列車で、キハ47形一般型気動車を改造した2両編成。キハ40系としては珍しいグリーン車(キロ47 1401+キロ47 1402)となっている。引退後の2022年春には、キハ185系特急型気動車を改造した3両編成の新たな『伊予灘ものがたり』が登場することになっており、こちらも全車がグリーン車となる。

ラストラン当日は松山8時26分発~伊予大洲10時27分着の往路が「大洲編」、八幡浜16時5分発~松山18時17分着の復路が「道後編」として運行される。

片道あたり40人を募集し、旅行代金は2万円(大人・子供同額)。申込みは11月26日10時からJR四国のワープ各支店、駅ワーププラザ、旅の予約センター、JR四国ツアーのウェブサイトで受け付ける。

下灘駅に停車中の『伊予灘ものがたり』。下灘駅に停車中の『伊予灘ものがたり』。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  6. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  9. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
  10. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
ランキングをもっと見る