アウディ RS3 新型を日本発表…導入記念限定モデル「1st edition」をオンライン販売

アウディRS3スポーツバック1st edition
アウディRS3スポーツバック1st edition全 3 枚

アウディジャパンは11月27日、コンパクトパフォーマンスカーのアウディ『RS3』新型を日本市場で発表した。導入を記念して、50台の限定モデル「RS3スポーツバック1st edition」をアウディジャパン初のオンライン販売する。

限定モデルは「RS3スポーツバック」をベースとし、エクステリアには、マトリクスLEDヘッドライトダイナミックターンインディケーター(フロント/リヤ)、ブラックスタイリングパッケージ、カラードブレーキキャリパーレッド、パノラマサンルーフ、プライバシーガラス、カーボンエンジンカバーを装備。インテリアでは、アクセントサーフェスマットカーボンアトラス、ファインナッパレザーハニカムステッチング、ドライバーズシート/エクステリアミラーメモリー機能、リヤシートUSB、Bang&Olufsen 3Dサウンドシステムを搭載。

さらにRSスポーツエキゾーストシステム、RSダンピングコントロールサスペンションといった機能装備に加えて、特別装備として、5スポークYデザインブラックグラフィックプリント19インチホイール、RSデザインパッケージエクステンデッドレッド、3ゾーンオートマチックコンディショナーを備え、ボディカラーは、カタログモデルには設定のないメタリックカラーのケモラグレーを採用した。

限定モデルの予約は11月27日15時から開始、12月13日10時までアウディジャパン公式ウェブサイトにて応募を受け付け、抽選により予約の権利を持つ人を決定する。最初の抽選は12月15日を予定。

アウディRS3スポーツバック1st editionアウディRS3スポーツバック1st edition

RS3スポーツバック1st editionの消費税込み価格は907万円。日本むけRS3のエンジンは直列5気筒DOHCターボチャージャー(400PS、500Nm)を搭載、7速Sトロニック・トランスミッションと組み合わせる。ハンドルは右。

“標準型”RSは2022年4月下旬に発売予定で、消費税込み価格は「RS3スポーツバック」が799万円、「RS3セダン」が818万円となっている。

アウディRS3スポーツバック1st editionアウディRS3スポーツバック1st edition

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ GRスープラ、ついに6速MTを搭載? 直6「S58」エンジンのみ設定か
  2. ミラー交換型、2カメラドラレコが新登場…デジタルバックミラー機能搭載
  3. 『頭文字D』作中車に乗る、今なら買える---24選
  4. 【VW ティグアン 4000km試乗】持て余すほどの高性能を、価値と見るか無駄と見るか[前編]
  5. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  6. キャデラック エスカレード に高性能モデル「V」、写真公開
  7. ジープ、電動モデルのみを販売へ…2022年内に欧州主要国で
  8. 三菱自動車の加藤社長「当面EVで利益を出せるのは高級車と小型車の2種類」[新聞ウォッチ]
  9. 東日本エリアのSA・PA、進化が止まらない!…トラックドライバーが利用しやすい設備も
  10. スバル『レオーネ』を900馬力に…パストラーナ選手のビデオ最新作に起用へ
ランキングをもっと見る