デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正

デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正
デンソー、電動化や新モビリティへの技術対応を強化 2022年1月付け組織改正全 1 枚

デンソーは12月3日、カーボンニュートラル社会への貢献に向けてシステム視点での価値提供を図るとともに、製品ポートフォリオの入れ替えを加速するための組織改正を2022年1月1日付けで実施すると発表した。

今回の組織改正では電動化時代に対応するため「パワトレインシステム事業グループ」と「エレクトリフィケーションシステム事業グループ」、さらに「サーマルシステム事業グループ」を横断して開発・企画を統括する組織を新設する。統括組織は「電動エネルギーマネジメントシステム主査室」と「電動エネルギーマネジメントシステム事業戦略室」で、自動車の電動化に対応して開発体制をシフトしていく。

また、デンソーが強みとするメカトロニクス、センサー、半導体を融合することで、モビリティをはじめとする社会課題の解決につながるシステムを創出するための部門を新設する。具体的には「メカトロニクスシステム事業部」、「センシングシステム事業部」、「セミコンダクタ事業部」を大括りした「先進デバイス事業グループ」が新システム開発を担当する。

さらに、非モビリティ事業の成長シナリオを構築し、今後の体制を検討する「新事業推進室」も新設する。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 五味康隆氏がぶっちゃけた!? 魅力的すぎるモデリスタ版のノア/ヴォクシーに注目…東京オートサロン2022PR
  2. フェラーリ『デイトナSP3』、世界で最も美しいスーパーカーに…ブランド史上最強の840馬力
  3. 【ダイハツ アトレー 新型】人気8倍、納期3か月…ハイゼットは2か月待ち
  4. 【トヨタ アクア 新型試乗】「ヤリス」では物足りないという人に魅力的なHV…片岡英明
  5. 【スバル XV 新旧比較】発売から4年以上が経過、どう進化した?
  6. ランクル より大きいSUV、トヨタ『セコイア』新型発表…ハイブリッド標準<速報>
  7. トヨタ セコイア 新型、3列シートのフルサイズSUV…米国発表
  8. VWの新型EVクーペ『ID.5』、生産開始…航続は最大520km
  9. BMW M8 改良新型、625馬力ツインターボ搭載…欧州発表
  10. 【ホンダ シビック MTモデル 新型試乗】MTをチョイスした人、大正解です…中村孝仁
ランキングをもっと見る