バス・タクシーのバリアフリー化、進捗進むも目標は未達 2020年度末

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚

国土交通省は1月11日、2020年度末(2021年3月末)の乗合バスでノンステップバス導入比率が前年度から2.6ポイントアップして63.8%になるなど、バリアフリー化が進展していると発表した。

国土交通省でが2020年度末における乗合バス車両、貸切バス車両、バスターミナル、福祉タクシー車両の移動等円滑化実績等報告書をとりまとめた。

乗合バスのノンステップバス車両数は2万9489台となった。バリアフリー基本方針では適用除外車両を除いた乗合バス5万台のうち、7割に相当する3万5000台を2020年度末までにノンステップバスにするとされており、目標を下回った。乗合バスのリフト付きバスまたはスロープ付きバスは674台だった。

2020年度末までに約2100台を目標としていた貸切バスのノンステップバス、リフト付きバスの導入台数は前年度末から894台増えて1975台で、大幅に増えたものの、目標を下回っている。

(イメージ)(イメージ)

また、バスターミナル全体に占める段差解消施設数は83カ所で、総施設数の割合は前年度末から3.6ポイントアップして65.4%となった。

ユニバーサルデザインタクシーを含む福祉タクシーの導入状況は前年度から4400台増えて4万1464台となった。2020年度末までに約4万4000台導入の目標を下回っている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ
  2. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  3. 【トヨタ ノア/ヴォクシー 新型】もはや走る忍者屋敷?“からくり”の知恵の数々に「手を尽くした」
  4. 高速道路の通行料金2割引も、「ETC2.0」への乗り換えのメリットとは?
  5. 【ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ 新型試乗】実走行でリッター36km超えも!? HVのコスパに驚く…片岡英明
  6. なぜ作ろうと思った? 6ローターのユーノス コスモ…東京オートサロン2022
  7. 荷台にキャビンを載せれば軽キャンパー完成、災害避難対応ワンルームカーに新仕様登場
  8. 社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台
  9. トヨタの新型SUV、タンドラ ベースの可能性も…ティザー
  10. ついに真の「eバイク元年」到来か、ヤマハが発表した新型2モデルがもたらすインパクトとは
ランキングをもっと見る