広島ゆかりのアーティスト9名が「戦後100年の願い」を巨大キャンバスに描く…おりづるタワーでプロジェクト進行中

WALL ART PROJECT“2045 NINE HOPES”
WALL ART PROJECT“2045 NINE HOPES”全 7 枚

広島ゆかりのアーティスト9名が戦後100年の願いを描く「WALL ART PROJECT“2045 NINE HOPES”」が、原爆ドーム東隣の「おりづるタワー」で行われている。

このアートプロジェクトには、「過去を創ってきた世代」、「現在を創っている世代」、「未来を創る世代」といった幅広い世代のアーティスト9名が集結。戦後100年の節目となる「2045年」をテーマに、おりづるタワーの9層からなるスロープ上の壁のキャンバスに各アーティストが1層ごとにライブペインティング。広島に生まれ、生きてきたアーティストたちが、戦後100年の世界に何を望むのか、後世に残したい「2045年への願い」を力強く描いている。

各世代のアーティスト9名の「願い」を込めた巨大アートはゴールデンウイークに完成する予定だ。

このおりづるタワーを運営する広島マツダは1933年に創業。しかし、1945年の原爆投下により社屋が倒壊、全社員を失った。その後、同社は地元広島に支えられ、復興の歩みとともに成長してきた。同社は今回のプロジェクトについて、広島で生きた人々にしか伝えられない「願い」をアートで描き、次の世代へ継承していくことで「未来への希望」を発信していきたいとしている。

WALL ART PROJECT“2045 NINE HOPES”WALL ART PROJECT“2045 NINE HOPES”

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ RAV4、インパネを大幅変更---欧州2023年型
  2. VW、ポロやゴルフなど9万1000台をリコール…燃料漏れ
  3. VW ゴルフなど14万3000台に改善対策…シフトカバーフレームで負傷のおそれ
  4. インフィニティのSUVクーペ『QX55』、装備を充実…2023年型を米国発表
  5. カーナビAndroid化デバイス!…8コアCPU搭載、SIMカード対応&後席モニター接続
  6. トヨタ、3代目プリウス 8669台をリコール…ハイブリッドシステムに不具合
  7. 【VW ポロ 新型試乗】大衆車ながら実はマニアックなクルマなのか?…九島辰也
  8. スバル インプレッサ に2023年型、全車AWD---今秋米国発売へ
  9. 輸入車最高レベルの低燃費 25.2km/L!ルノー ルーテシア「E-TECH」は329万円から
  10. 初心者も安心、コンパクトキャンピングカー『アストラーレCC1』レンタル開始…ジャパンC.R.C.
ランキングをもっと見る