めちゃかっこいいスーパーグレート、あの2社が手を組んだ!…ジャパントラックショー2022

セノプロトラックス(ジャパントラックショー2022 パシフィコ横浜 5月12~14日開催)
セノプロトラックス(ジャパントラックショー2022 パシフィコ横浜 5月12~14日開催)全 9 枚

「あれ、これどっかで見たことあるレーシーなデザイン。しかも、めっちゃかっこいいじゃん!」

ジャパントラックショー2022(パシフィコ横浜 5月12~14日開催)で来場者たちがこう発するのが、奈良市に本社をおくセノプロトラックスのブース。

「実用的で格好いいトラックをつくりたい」という瀬野博之代表の思いが結実したセノプロトラックスのカスタムトラックがずらりと並ぶなかで、注目を集めた1台が、この三菱ふそうトラック・バススーパーグレート』ベースのカスタムトラックだ。

「どこかで見たことあるデザイン」と思ってブースに近づくと、このトラックのとなりには、日本が世界に誇るカスタムブランド「リバティーウォーク」が FORMULA DRIFT USA 参戦を想定してチューニングした、日産『GT-R』ベースの4ローター搭載ドリフト仕様の過激マシンがある。

このリバティーウォークデザインのスーパーグレートは、セノプロトラックスとリバティウォークがコラボして手がけた「たった一台のめちゃかっこいいスーパーグレート」で、「われわれリバティウォークがトラックをカスタムデザインするとこうなるよ、ということ」だそうだ。関係者によるとすでに複数台の注文があるという。

説明ボードには「Designed by Liberty Walk」「Built by SenoPro Trucks」「Owner:HAYASHI SHOUKAI」とだけ記されていた。「自分が乗るんだったら、こんなトラックに乗りたい」という想いでトラックカスタムを手がけるセノプロトラックスが、世界屈指の国内カスタムファクトリー リバティウォークに声をかけ、「ただただかっこいいトラックをつくった」という。

迫力あるグリルとその表情、前から後ろまで有機的につながるフェンダー、キャブ上のフィン、片側2本出しマフラー、迫力あるタイヤレター、そしてぎりぎりまで下げた車高と、どこからみてもかっこいい。

子どもたちがトラックドライバーにあこがれるようなクルマをつくりたい」という彼らの想いが結実したかたちのリバティーウォーク×セノプロトラックス スーパーグレート。このセノプロトラックスのブースだけは、業界関係者よりもトラックファン、モータースポーツファンが常に出入りする姿があり、違った雰囲気で盛り上がっていた。

実は、すでにリバティウォークとセノプロトラックスがコラボした第二弾もデザインが決まっているという。ベース車両は日野『プロフィア』というから、迫力あるかっこいいトラックができあがることを期待したい。


《大野雅人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ケータハム史上最高のサーキット性能、『SEVEN 420カップ』…欧州発表
  2. [カーオーディオ“なぜ?”]車内を“うるさい”と感じるドライバーが増えている
  3. ドライブデートでイヤだと思ったこと1位…相手に対する思いやりが必要ですね
  4. スバル、レヴォーグなど5万2000台をリコール…始動不能となるおそれ
  5. BMW 3シリーズ 改良新型を300km/h超に…アルピナ『B3リムジン』発表
  6. メルセデスベンツ、超高級車ブランド「ミトス」立ち上げ…マイバッハの上に位置
  7. 名車スバル『インプレッサ 22B』を400馬力に、25台をレストア&カスタムへ…プロドライブ
  8. スバル BRZ、ライティングスイッチの操作性を見直し…一部改良モデル発表
  9. 「ノア/ヴォク」の牙城を崩すか? ホンダ『ステップワゴン』新型ついに発売、価格は299万8600円から
  10. レクサス『IS F』が15年ぶりに日本に帰ってくる!? V8搭載のスーパーセダン
ランキングをもっと見る