VWセダンの歴史が動く…!新型電動セダンの室内空間は『フェートン』並み、デビューは2023年か

VWの新型電動セダンプロトタイプ(スクープ写真)
VWの新型電動セダンプロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚

VWは現在、ブランド初のフルエレクトリック・セダンとなる『AeroB』(エアロB、仮称)を開発中だが、スクープサイト「Spyder7」がその最新プロトタイプを捉えた。

エアロBは、2018年に公開された『ID Space Vizzion』の市販バージョンとして開発されている新型セダンだ。ニュルブルクリンクにある同社のテストセンター付近で捉えた車両は、コンセプトモデル同様のシルエット、そしてショルダーラインが確認できる。

VWの新型電動セダンプロトタイプ(スクープ写真)VWの新型電動セダンプロトタイプ(スクープ写真)

フロントエンドは部分的にステッカーで隠されているが、スリムなヘッドライト、メッシュのアンダーエアインテーク、直立したエアカーテンが見てとれる。また側面では、立体的なフェンダー、空力サイドスカート、フラッシュマウント・ドアハンドル、そして緩やかに傾斜したルーフラインが確認できる。後部では、突き出たリアスポイラーを装備、トランクに結合している。

市販型では『パサート』と近いサイズになるが、車内空間はかつて販売していたラグジュアリーサルーン『フェートン』と同レベルになるという。「MEB」プラットフォームを共有する『ID.3』では77kWhのバッテリーを積み、WLTPによる航続は550kmだが、エアロBでは84kWhのバッテリーにより最大700km(435マイル)の航続を誇る。

VWの新型電動セダンプロトタイプ(スクープ写真)VWの新型電動セダンプロトタイプ(スクープ写真)

同社はこの新型車を「革命的なプレミアムクラスのサルーン」になると語り、セダンのほかにシューティングブレークのボディスタイルも加えることがわかっている。またベースモデルは後輪駆動が標準となるが、ホットモデルとなる「GTX」では全輪駆動を採用。ベースモデルが0-100km/h加速8.5秒なのに対し、GTXでは5.6秒で走り抜ける。

ワールドプレミアは、2023年内と予想され、ドイツのエムデンにあるVW工場で生産予定となっている。最終的な名称は不明で、現段階で「ID.Aero(ID.エアロ)」が最有力候補と噂されている。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバルの3列シートSUV、新グリルで大胆チェンジ…『アセント』2023年型[詳細写真]
  2. スバル インプレッサ はAWD標準、コンパクトカーで唯一…2023年型を米国発表
  3. 日産『シルビア』が初代デザインのBEVで復活!? 2024年発売の可能性
  4. ベントレー コンチネンタルGT 史上最速、「マリナーW12」発表…グッドウッド2022
  5. マセラティ『MC20』にオープン、ガラスルーフは透明と不透明を切替…グッドウッド2022
  6. 【DS 9 新型試乗】まるでポーパシング現象?な乗り心地も視点を変えれば…中村孝仁
  7. アウディ『S4アバント』次期型の内外装を初スクープ!シリーズ最後のエンジン車となるか
  8. 【ランボルギーニ クンタッチ 新型】ブランドのDNAと未来を織り込んで復活
  9. ポルシェ、新プロト耐久マシン「963」を公開…2023年ルマン&デイトナ参戦へ
  10. パナソニック ゴリラG1500の地図がバージョンアップして登場!安全・安心の日帰りドライブでリフレッシュPR
ランキングをもっと見る