ルノー カングーバン に初のEV、積載性はエンジン車と同等[詳細写真]

ルノー ・カングー・バン 新型の「E-TECHエレクトリック」
ルノー ・カングー・バン 新型の「E-TECHエレクトリック」全 20 枚

ルノーグループは5月31日、新型ルノーカングーバン』(Renault Kangoo Van)のEV「E-TECHエレクトリック」を欧州市場で発売すると発表した。

カングーバンの新型に用意される初のEVが、E-TECHエレクトリックだ。EVパワートレインのモーターは、最大出力122hp、最大トルク25kgmを発生する。バッテリーは新開発のリチウムイオンで、蓄電容量は45kWhとした。1回の充電での航続は、WLTPサイクルで最大300kmに到達する。バッテリーは車両フロア下にレイアウトされており、荷室の容量に影響を与えていないという。

バッテリーの充電に関しては、出力11kWの充電器を標準装備しており、自宅での充電に対応する。オプションの充電器には、外出先で急速充電するための出力22kWのチャージャーと、170kmの航続分のバッテリー容量を30分で充電できる出力80kWの急速充電DCチャージャーが利用できる。


【冷凍】 業務用 テーブルマーク バゲット 236g 1本 冷凍 フランス パン
¥284 (¥1 / g)
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポルシェのEV『タイカン』がニュルで新記録、テスラ抜いた
  2. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  3. レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か
  4. 【マツダCX-60】7月末時点での受注が6400台に、ディーゼルモデルに人気
  5. ジャンボフェリー32年ぶりの新船「あおい」10月22日初就航、9月20日より先行予約開始
  6. 高級ミニバン戦争が再加熱!? 『アルファード』次期型は2023年登場へ、進化する「キング・オブ・高級ミニバン」の姿とは
  7. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】やっぱりZはイメージ通りの「デートカー」でした…竹岡圭
  8. レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版『Q50』、最強グレードは405馬力[詳細写真]
  10. 水素内燃エンジンがディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす
ランキングをもっと見る