BMW『X3』次期型、いよいよ開発スタート!まさかの巨大グリル採用か?

BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 24 枚

BMWの主力クロスオーバーSUV、『X3』次期型がいよいよ開発スタートだ。プロトタイプの姿を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

第3世代となる現行型は2017年に発売、2021年には初の大幅改良を受け、直列4気筒、直列6気筒にマイルドハイブリッド技術を投入した。7年振りのフルモデルチェンジへ向け開発がスタートした次期型は、どのような進化を遂げるのか。

BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

トレーラーから降ろされたプロトタイプは、ダミーパネルやプレースホルダーライトを装着しており、開発初期であることがわかる。注目はフロントエンドで、閉ざされたキドニーグリルの下に通気口が配置されている点だ。『4シリーズ』のように極端な巨大化がみられるかは不明だが、下方向に拡大されている可能性がありそうだ。細く釣り上がったヘッドライトも表情を大きく変えるだろう。スリムなコーナーエアインテークの上部にはランプを隠す円形の穴のようなものも確認できる。

側面からは緩やかに下降線を描くルーフラインが見てとれる。全長は拡大されているようだ。またCピラーは少し細くなっているように見え、ドアハンドルの位置も低くなっているなど、新設計によりかなり印象を変えるものとなるだろう。テールライトは仮のプレースホルダーが取り付けられ、ディティールを確認するのは困難だが、クワッドエキゾーストパイプがインストールされていることから、『X3M』の下位に配置される高性能モデル「X3 M40i」(新ネーム)であることが濃厚だ。

BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW X3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

インテリアは、『iX』に似た最新のテクノロジーが詰め込まれたガラスコックピットを採用すると思われる。

パワートレインの詳細はまだ見えてこないが、プラグインハイブリッド、及びフルエレクトリックモデルをラインアップし、X3Mはガソリンと電気モーターによるハイブリッドを搭載し強力なパワーを提供してくれるはずだ。そして高効率な新エンジンと軽量化によって、燃料消費量、CO2排出量を低減させることになるだろう。

開発がスタートしたばかりのX3次期型。デビューは2024年まで待つことになりそうだ。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 知らないうちに「VICS」が便利になっていた!?【カーライフ 社会・経済学】
  2. 新型登場が相次いだミニバン、注目の記事ランキング 2022年上期
  3. 【DS 3 クロスバック 新型試乗】PSA最後のディーゼルを搭載した「小さな高級車」…南陽一浩
  4. 【トヨタ クラウン 新型】セダンとSUVの魅力を突き詰めてクロスオーバー…デザイナー [インタビュー]
  5. 打倒アルファード!日産『エルグランド』13年ぶりのモデルチェンジへ!? 全高アップが鍵となるか
  6. スバル車を“熱く”するカスタマイズパーツはこれだ!
  7. ベントレーの新型クーペ『バトゥール』、最強のW12エンジン搭載へ 8月21日発表予定
  8. ロールスロイス『ファントム』改良新型、光る「パンテオングリル」採用、米国で公開予定
  9. 【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型試乗】いわば“大人のキットカット”のクルマ版「セオリー」…島崎七生人
  10. リンレイの撥水性ガラス系コーティングはボディ・窓ガラス・ホイールを1本でOK
ランキングをもっと見る