ホンダ シビック 新型に「Si」レーサー、NSXと同じ工場で生産…11月から米国納車[詳細写真]

ホンダ HPD シビック Si FE1
ホンダ HPD シビック Si FE1全 20 枚

ホンダの米国部門は6月15日、『HPDシビックSi FE1』(Honda HPD Civic Si FE1)を発表した。新型『シビック』の高性能グレード「Si」がベースのレーシングカーで、11月から米国での納車を開始する予定だ。

HPDシビックSi FE1は、『NSX』のグローバル生産拠点の「パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター」において、ホワイトボディから組み上げられる。この施設では、溶接や塗装、最終組み立て、品質確認に革新的な技術を採用しており、最高レベルの精度とクラフマンシップを備える、と自負する。

新型『シビックSi』をベースに、サンルーフ、防音断熱材、アンダーボディコーティングなどを省いて軽量化を図り、HPD製のFIA(国際自動車連盟)認定のロールケージを組み込んだ。その後、HPD製やその他のブランドのパーツ、安全装備を追加して、レーシングカーに仕立てられる。

エンジン、サスペンション、エキゾーストシステム、燃料電池、「Motec」エレクトロニクスパッケージなど、HPDが開発し、公認されたパーツを装着している。HPDのエンジニアによって設計、開発、テストが行われ、HPDが持つ幅広い市販車とレーシングカーのエンジニアリングに関するノウハウが活用されている。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 新型車記事ランキング、1位は次期型ハイエース、市販の上位は? 2022年上期
  2. 映画「ワイルド・スピード」のハンがやってきた! カーフェス『FUELFEST』が日本初開催
  3. 純正スピーカーのままで音を良くするには?[スピーカーの鳴らし方・大研究]
  4. 「サーファーにもぴったり!」サーフ系Youtuber「KANAN」が、三菱『アウトランダー PHEV』で夏をさすらうPR
  5. プロボックスを渋くワイルドに楽しもうぜ
  6. 【スバル レヴォーグ STI スポーツR 新型試乗】最上級の2.4Lは、その真価を発揮できるのか…中村孝仁
  7. 『ハイエース』19年ぶりのモデルチェンジへ! キャブオーバーは継承、200系との併売も?
  8. ポルシェ『718ボクスター』最強モデルのルーフがついに開いた!浮かぶ「ヴァイザッハ」の文字
  9. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  10. 年内登場か?最強の『GLC』、メルセデスAMG「GLC 63クーペ」内外装をスクープ
ランキングをもっと見る