カーナビAndroid化デバイス!…8コアCPU搭載、SIMカード対応&後席モニター接続

カーナビAndroid化! 8コアCPU搭載、SIMカード対応&後席モニター接続可能の進化したミニガジェットがクラファンに登場
カーナビAndroid化! 8コアCPU搭載、SIMカード対応&後席モニター接続可能の進化したミニガジェットがクラファンに登場全 5 枚

輸入物販事業を手がける株式会社SKYHOPE(スカイホープ)が、カーナビAndroid化デバイス新製品「StreamBox」のクラウドファンディング先行販売を発表。6月29日より応援購入が開始される。

「StreamBox」は「Apple CarPlay」対応機のUSB端子に接続するだけで、カーナビやディスプレイオーディオをAndroid OSが動く端末へと変身させるデジタルガジェット。めんどうな配線や加工などは一切不要で、GooglePlayからアプリをダウンロードしインストールすれば、ほとんどスマホと同様な機能が使用でき、YoutubeやNetflixの閲覧も可能になる。

同様のデバイスは昨今では珍しくはなく、SKYHOPEでも「Android Auto」対応カーナビ用のデバイスを現在専用サイトにて販売中だが、今回登場の「StreamBox」はなんとSIMカードに対応。スマホのテザリングや車載Wi-Fi・ポケットWi-Fiなどを利用しなくても、常時インターネット接続で“カーナビAndroid”を利用できるようになる。わざわざスマホのSIMを差し替えなくとも、格安SIMの普及で選択肢の増えた現状なら、通信料を抑えられるプランの利用は十分に考えられる。音声SIMなら通話も可能だ。

「StreamBox」はHDMI出力搭載で、HDMI入力対応であればリアスクリーンなど、外部ディスプレイでも同じ画面を共有できる。また、Androidの機能である1画面を左右に分割して2つのアプリを同時表示する「ダブルスクリーン」の利用も可能。8コアCPUを搭載でGPSも内蔵する。

カーナビAndroid化! 8コアCPU搭載、SIMカード対応&後席モニター接続可能の進化したミニガジェットがクラファンに登場カーナビAndroid化! 8コアCPU搭載、SIMカード対応&後席モニター接続可能の進化したミニガジェットがクラファンに登場

なお、6月28日まで「StreamBox日本公式LINEアカウント」では、先行して“最大34%OFF”などの優待情報を発信中とのこと。気になる人は友だち検索よりID「@538fmhsp」で検索を。

カーナビAndroid化! 8コアCPU搭載、SIMカード対応&後席モニター接続可能の進化したミニガジェットがクラファンに登場

《編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 電動トゥクトゥク、スマートな走りと確かな安定性で「日常の足」になる
  2. 【DS 4 新型試乗】もはやエンジンか何気筒かなど関係ない…岡本幸一郎
  3. “超SUBARU化”させるダムド/HKSの新作アイテム
  4. 【VW ポロ 新型試乗】走り始めの加速のだるさは改善されたのか?…岩貞るみこ
  5. ヘルメットはふるさと納税でも人気…記事ランキング 2022年上期
  6. 起死回生なるか!? 電動化で商品力アップ、三菱『RVR』12年ぶりの大刷新へ
  7. 250ccスポーツスクーター『XMAX ABS』に4つの新色、ヤマハカラーにMAXシリーズ色も
  8. スバルが走るアニメ公開、STIパーツの機能を感じろ…ナンバープレートの秘密
  9. 最高85km/hのパワフルな走り、小型3輪電動モビリティ「リバーストライカー3.0」
  10. 【ダイハツ ムーヴキャンバス 新型試乗】超キープコンセプトに見えて“350度”変わった!?「ストライプス」…島崎七生人
ランキングをもっと見る