プロボックスを渋くワイルドに楽しもうぜ

PROBOプロボックス(アソモビ2022)
PROBOプロボックス(アソモビ2022)全 12 枚

高速道路でバックミラーに見えたら道を譲ったほうがいいのは、フェラーリでもポルシェでもない。シルバーでどノーマルの営業車、トヨタプロボックス』だ。だが、プロボックスの奥深さは量産仕様の性能だけにとどまらない。

プロボックスのカスタムカーを手掛けるPROBO STYLEは人気のマットクリアー 「い草」カラーの160タイプのカスタムモデルと、ブルーの50タイプ(旧モデル)をアソモビ2022に展示していた。

160タイプは随所に同社のカスタムセットが装着されている。基本はタイヤとスプリング交換による「リフトアップ」と、ヘッドライトまわりをブラックマスク、そしてオリジナルカラーリングだ。マットクリアーはオフロードやアウトドア向けに人気だ。アースカラーの渋いプロボックスは別の車種のようだ。

タイヤはオフロードを意識したマッドタイヤ。特筆したいのはホイールだ。カラーリングは施されているが、ノーマルのスチールホイール。いわゆる“鉄チン”ホイールだ。もちろんアルミホイールを選んでもいいが、アルミホイールはインチアップが伴ったりするとかえって重くなる。スチールホイールは曲がる・ゆがむともいわれるが、それはアルミホイールも基本的には同じだ。

グリルガードはフロントメンバーに固定される本格的な仕様だ。梨地の吹き付け風のブラック塗装もヘビーデューティだ。ルーフキャリアも太目のパイプに同じ仕上げになっている。

内装は、要所にウッド素材を使っている。木製のアームレスト、助手席ダッシュボーポケットをふさいでトレーにするボード。そしてウッドステアリングだ。ウッドステアリングをよく見ると、懐かしい「ナルディ ウッド」だ。渋すぎる。

シートはアウトドアで汚れても大丈夫なようにデニムのシートカバーがかけられていた。リアには「ヒッチカーゴ」が取り付けられていたが、もともと商用バンなので荷室の広さと使いやすさは問題ない。


《中尾真二》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  5. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  8. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. 【週末ニュースランキング】スクープと名車とキャンピングカー
ランキングをもっと見る