メルセデスベンツの新車種『CLE』、ヘッドライトは次期Eクラス、コックピットはCクラス風に

メルセデスベンツ CLE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスベンツ CLE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 15 枚

メルセデスベンツが開発を進めている新車種『CLE』。その市販型の最新プロトタイプを激写することに成功した。車内の様子も含め、スクープサイト「Spyder7」がレポートする。

ニュルブルクリンクで捉えたプロトタイプは、徐々にカモフラージュが削ぎ落とされてきている。ボディサイドのショットからは、ホイールベースがかなり長いことがわかる。クーペライクながら後部座席は2人を乗せるには十分なスペースがありそうだ、フレームレスウィンドウを持つ2つのドアと、セダンより低いルーフが特徴となっている。

メルセデスベンツ CLE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ CLE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

テールはハッチバックではなく、きちんとしたトランクを持っていることもわかる。逆アーチ型のLEDテールライトの一部が見てとれるほか、バンパーがエキゾーストパイプを隠しているのも印象的だ。

ヘッドライトの形状は、次世代のメルセデス『Eクラス』に見られるものと似て“つり目”形状だ。同ブランドでは、2ドアクーペ、及びオープンモデルの再構築を図っており、CLEが『Eクラスクーペ/カブリオレ』に代わるモデルであることからも、デザインに共通性がもたらされるのも納得だ。

キャビン内は、3本スポークの多機能ステアリングホイールを装備、その奥には、ワイドなデジタルインストルメントクラスターがあり、現行『Cクラス』と同様のレイアウトが確認できる。インフォテインメントスクリーンは縦長のレイアウトで、センタースタックに角度を付けて配置されている。

メルセデスベンツ CLE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスベンツ CLE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

BMW最新のダッシュボードは、デジタルインストルメントクラスターとメインコンソールのタッチスクリーンを組み合わせて1つの巨大な長方形のデジタルディスプレイを作成するが、メルセデスの開発チームは2つを分離したままにすることを選んだようだ。ディスプレイの下部には、HVACコントロールがあり、同心円状の金属要素と中央の長方形部分を備えたスタイリッシュな通気孔が配置されている。

市販型では、Cクラスと同じ「MRA-2」プラットフォームを採用。これにより、両モデルで同じパワートレインを共有できる。おそらく、最高出力258ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、頂点には電動化された2.0リットル直列4気筒ターボチャージャー搭載のAMG『CLE 63』も導入されるはずだ。

CLEのワールドプレミアは、2022年内と予想されているが、カブリオレが同時発表かは不明。今後派生ワゴンとなるシューティングブレークの登場も噂されている。

《Spyder7編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【テスラ モデルY 買いました 10】“足”としてのクルマにしては快適すぎる
  2. 日産 ノート e-POWER NISMO S が走行不能でリコール…ヒューズ劣化
  3. レクサス LS、ハイブリッドに部分自動運転機能搭載…米2023年型[詳細画像]
  4. タウンエーストラックがキャンピングカーに変身、脱着できるシェル発売
  5. 【トヨタ クラウン RS】名実ともに「フラッグシップ」、最上級に相応しい新ハイブリッド[詳細画像]
  6. 【ルノー カングー 海外試乗】ディーゼル×6MTのカングーには、効率だけではない価値がある…南陽一浩
  7. 長い納期ランキング…エクストレイルが受注停止、ヴェゼルが危ない
  8. 【トヨタ GRカローラ】「RZ」は525万円、「モリゾウエディション」は715万円!台数限定で抽選受付を開始
  9. BMW『1シリーズ』最強の「M135」、Mパフォーマンスパーツ装着…エッセンモーターショー2022出展へ
  10. 日産 セレナ 新型が登場! 6年ぶりとなるモデルチェンジの内容とは…土曜ニュースランキング
ランキングをもっと見る