マツダの次世代EVスポーツカーか!? 中期経営計画で見せた『ビジョンスタディモデル』とは

マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』
マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』全 8 枚

マツダが22日に発表した中期経営計画のアップデートの中で、未発表のスポーツカー『ビジョンスタディモデル』が公開された。詳細は語られなかったものの、次世代のマツダデザインを示唆するコンセプトだという。

公開された画像は2点のみ。白いボディの2ドアクーペスタイルで、これまでの魂動デザインの流れとは全く異なる意匠となっている。ヘッドライトはリトラクタブル式(開閉式)のように見え、往年の『RX-7』を彷彿とさせる。

マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。

フロントグリルもこれまでのシグネチャーウイングとは全く異なる。現行『ロードスター』が将来の魂動デザインを先取りしたものとされているが、このビジョンスタディモデルはさらに先を見据えたものといえそうだ。

注目はリア。2つの円が重なったように見えるテールランプと、バラ文字による“MAZDA”ロゴが新鮮だ。マツダは電動化戦略について2030年までに3つのフェーズで順次バッテリーEVを投入していくことを発表しており、このビジョンスタディモデル、およびこれを元にしたスポーツカーがバッテリーEVとなる可能性は大いにある。

マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。

マツダはこれまでも中期経営計画の中で、新たなクルマの方向性を予告してきた。ビジョンスタディモデルが市販モデルとして登場する日はそう遠くないのかもしれない。

《宮崎壮人》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 セレナ 新型】e-POWER用エンジンは完全新設計!弱点の高速燃費も「まだやりようはある」
  2. 2代目『アクア GRスポーツ』発売、新型ベースに剛性&足回りを専用チューニング
  3. 【日産 セレナ 新型】「家族のミニバン」進化は期待以上!? 最上級グレードの価格にも衝撃
  4. 取り付け直後はいい音に感じたが…スバル レガシィアウトバック 前編[カーオーディオ ニューカマー]
  5. アウディの「道路を走るプライベートジェット」、『グランドスフィア』…米デザインイベント出展へ
  6. アバルト初のSUV、185馬力ターボ搭載…『パルス』をブラジル発売
  7. オールシーズンタイヤが普及する可能性…住友ゴム工業に話を聞く
  8. トヨタ プリウス PHEV 新型、米国仕様はEVモード40km…ロサンゼルスモーターショー2022
  9. トヨタ アクア、オレンジなど新色追加…GRスポーツも新設定
  10. 知らずに入れたら危険! ホイールスペーサーとの上手な付き合い方~カスタムHOW TO~
ランキングをもっと見る