BMW M3 に軽量版「CS」が復活、550馬力ツインターボ搭載…日本にも導入へ

BMW M3 CS 新型
BMW M3 CS 新型全 5 枚

BMWは1月25日、高性能セダン『M3 CS』の新型を欧州で発表した。限定生産車となる予定で、日本市場への導入も計画されている。

BMW M3 CS 新型BMW M3 CS 新型

新型M3 CSは『M3セダン』の4WD仕様の「M xDrive」をベースに、さらなる高性能を追求した限定モデルだ。従来型は2017年11月、ロサンゼルスモーターショー2017で発表され、世界限定1200台が生産された。新型M3 CSは、およそ5年ぶりの復活となる。

新型の直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンは、ターボのブースト圧を1.7バールから2.1バールに引き上げるなどのチューニングを受けた。この結果、最大出力はM3セダンの「コンペティション」に対して、40hpプラスの550hp/6250rpmに高められた。最大トルクは66.3kgmに据え置かれたが、2750~5950rpmのより幅広い領域で引き出される設定とした。

BMW M3 CS 新型BMW M3 CS 新型

トランスミッションは「ドライブロジック」を搭載した8速「Mステップトロニック」を組み合わせる。車両重量はおよそ20kg軽量化。動力性能は、0~100km/h加速が0.1秒短縮され、3.4秒に。「Mドライバーズパッケージ」が標準装備されており、最高速は、290km/hから302km/h(リミッター作動)に引き上げられている。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【三菱 デリカミニ】顔づくりは「やんちゃ坊主」!黒塗装フェンダーへの並々ならぬこだわりも[デザイナーインタビュー]
  2. 「Gターン」ボタン発見!メルセデスベンツのEV版Gクラス『EQG』、インテリアを激写
  3. 人気SUV「プラド」のレクサス版『GX』ついに日本導入か? 2023年登場、次期型を大予想
  4. 旧車バブル崩壊か? メルセデスベンツなど高年式相場はすでに下落
  5. 【マツダ2 改良新型】メッシュグリルと6MTは健在…スポルト+[詳細写真]
  6. フィアット デュカトベースの新モデル4台、トイファクトリーが一挙公開へ…ジャパンキャンピングカーショー2023
  7. まもなく正式発表、マツダ CX-90…新型SUVのこれまでの注目記事
  8. 丸の内でも“映える”スズキの原二スクーター!機敏さの『アヴェニス』と安定の『アドレス』どっちを選ぶ?PR
  9. レクサス、ブランド史上最小SUVが発表間近?…土曜ニュースランキング
  10. 500馬力ターボを750kgのボディに搭載、ドンカーブート『F22』…世界限定75台[詳細写真]
ランキングをもっと見る