ミズノ初のドライビングシューズが売れ行き絶好調、女性向けサイズ・デザインも「鋭意開発中」

ミズノのドライビングシューズ『BARECLUTCH(ベアクラッチ)』(大阪オートメッセ2023)
ミズノのドライビングシューズ『BARECLUTCH(ベアクラッチ)』(大阪オートメッセ2023)全 26 枚

スポーツ用品メーカーのミズノが、2月10日から12日まで開催された「大阪オートメッセ2023」に出展。昨年9月にミズノとして初めて発売したドライビングシューズ『BARECLUTCH(ベアクラッチ)』をアピールした。発売から4か月ですでに年間販売計画の6000足を超えている状況で、ラインアップの拡大も計画しているという。人気はまだまだ続きそうだ。

ベアクラッチは、スポーツシューズの知見を生かしながら自動車メーカーのマツダと共同開発したソールを採用。クルマの運転時に求められる快適なペダル操作性だけでなく、履き替えることなく日常履きにも使えるのが大きな特徴だ。

ミズノはレーシングチームに公式ウェア、シューズを提供している(大阪オートメッセ2023)ミズノはレーシングチームに公式ウェア、シューズを提供している(大阪オートメッセ2023)

スポーツ用品メーカーとして広く知られるミズノだが、ワーカー向けの製品も多い。企業向けの制服は佐川急便やミスタードーナツなど700社に納入する。シューズで言えば、いわゆる安全靴のようなものや、コロナ禍以降では看護師向けが売れているという。こうした“ワーク系”製品のノウハウと、マツダとの共同開発で得た知見がベアクラッチには生かされている。ベアクラッチは主にタクシー運転手などのビジネスドライバー向けとしてリリースしたが、発表以来反響は大きく、一般ドライバーにも認知が進んでいるようだ。

1月にも「東京オートサロン2023」に出展しクルマ好きにアピールしたが、展示ブースの特徴はベアクラッチを「試し履きできる」こと。ベアクラッチはミズノの直営店や公式オンラインストアで購入できるが、実際にフィッティングができる機会は少ない。ブースでは全サイズを揃え、来場者を迎えた。

ミズノのブースでは『BARECLUTCH(ベアクラッチ)』の試し履きができた(大阪オートメッセ2023)ミズノのブースでは『BARECLUTCH(ベアクラッチ)』の試し履きができた(大阪オートメッセ2023)

現在のラインアップはホワイト、ブラック、ネイビーの3色で、サイズは24.5cm~28.0cmだが、反響の多さを受けてラインアップの拡大を計画しているという。まずサイズは、より小さなもの、より大きなものも揃える。また現在はどちらかと言えば男性向けのデザインだが、女性向けのデザインを採用したドライビングシューズも検討を進めている。敷居が高かったドライビングシューズを、ミズノがより身近なものとしてくれそうだ。

《宮崎壮人》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  4. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  7. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  8. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  9. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  10. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
ランキングをもっと見る