三菱 パジェロミニ をMTで転がすZ世代女子

三菱パジェロミニ(記事に登場するのはもっと古い型)
三菱パジェロミニ(記事に登場するのはもっと古い型)全 6 枚

CARトップ』5月号
発行:交通タイムス社
定価:510円(本体464円+税)

『CARトップ』の人気連載、土屋圭市の「峠賛歌」では、マツダ『CX-60』、日産『エクストレイル』、ホンダ『ZR-V』をいつもの峠で試している。いずれも何らかの形で電気モーターが組み込まれたモデルだ。記事のシメはドリキンらしくない?

暖かくなってきたタイミングで路上で見る機会の増えたトヨタ『クラウン』新型。トヨタ自動車の士別試験場で雪上試乗を行ったのは中谷明彦レポーターだ。『CARトップ』では新型登場の直後から、雪上での走行性能を確かめる機会を望んでいたというが、はたして。

試乗記は自動車媒体では必須のネタだが、若者のクルマ離れが言われる今、需要はあるのか。現代は楽しみがいろいろありすぎて、クルマが生活のすべてではない。KINTOの調査によると、車が必需品の地方では、Z世代はクルマ離れを意識していないし、地域を問わず7割が「運転が好き」なのだ。

『CARトップ』ではZ世代女子のカーライフを調査している。そもそも「クルマが好き!」という女子を対象にしているので一般化できないが……。三菱『パジェロミニ』のMTなんか、男だろうと女だろうと、どんな世代だろうと、いつの時代だろうと少数派だぞ!!

トヨタ・クラウントヨタ・クラウン

気になる見出し……●永遠のライバルガチ検証●峠賛歌●クラウンクロスオーバー雪上全開試乗●蘇る“静かな”レクサス●東京↔︎大阪弾丸ツアー EVキャノンボール●Modulo X 10th Anniversary●クルマに積んでおくとヤバイもの●純正アウトドア仕様●選ぶべきオプションいらないオプション

『CARトップ』5月号『CARトップ』5月号
★出版・編集関連事業に携わる方々へ:御社で発行されるモビリティ(自動車、モーターサイクルなど)関連書籍/雑誌を当編集部までお送りください。『レスポンス』サイト上にて紹介いたします。送り先は「〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階 株式会社イード『レスポンス』編集部」。

《高木啓》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。(利用規約個人情報の取扱い

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. フィアット『トッポリーノ』が70年ぶりに復活…2人乗りシティEVの車名に
  2. トヨタ・佐藤社長「我々が日野を支えていくのは限界」…日野・三菱ふそう統合[新聞ウォッチ]
  3. 甘さ控えめな『ルークス』登場、背伸びしてでも欲しい「ハイウェイスター アーバンクロム」は一味違う大人の軽PR
  4. アウディ A6、表情変化…2024年モデルを欧州で発表
  5. 【マツダ CX-60 3.3Lディーゼル 新型試乗】あとは走りの上質感が伴えば鬼に金棒…中村孝仁
  6. トヨタ ヤリス に「ハイブリッド130」、モーターを強化…欧州で設定
  7. トヨタ『アルファード/ヴェルファイア』新型は6月デビュー!? さらにギラついたデザインで存在感アップ!
  8. レンジローバー・スポーツ 新型、最強「SV」は635馬力…欧州で発表
  9. アウディ A7 スポーツバック、「RS」モチーフの新グリル採用…欧州2024年型
  10. 新連載【キャンピングカーライフVol. 1】とうとう買っちゃいました!
ランキングをもっと見る