3輪タイプで転倒リスク軽減、特定小型原付区分の電動キックボード「atico」登場

FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」
FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」全 4 枚

FreeMileは特定小型原付の新製品『atico(あちこ)』を公開、2023年秋ごろ(予定)より販売を開始する。

FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」

特定小型原付とは2023年7月の法改正施行より新設される車両区分。電動機の定格出力が0.6kw以下で長さが1.9m、幅0.6m以下かつ最高速度20km/h以下のものが対象となる。ナンバープレート取付けおよび自賠責保険加入、最高速度表示灯の装備は必須だが、16歳以上であれば運転免許証は不要、ヘルメット着用は努力義務となる。

aticoは前1輪、後2輪の超安定型三輪車。車体が自立することで転倒のリスクが少ない設計となっている。また後2輪が自在に動き、戻る機能を搭載し、様々な路面状況にも対応。安定した走行により性別年齢問わず利用できる。

FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」

バッテリーは1人用モビリティでは国内初となる、安全性と品質追求の日本製を搭載。大容量の最新CELLを採用することで、パワー不足や充電切れのリスクを軽減するだけでなく、最大航続距離50kmを実現する。

また、配線を内蔵化したボディ構造によりIPX6の完全防水仕様を実現。雨にさらされる屋外でも安心して保管できる。さらに車両に搭載された通信デバイスにより、バッテリー残量やGPS、車両のエラーなどの情報を取得。また遠隔操作による施錠管理も可能になる。

FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」FreeMile 特定小型原付「atico(あちこ)」

aticoは新法の基準の一つでもある最高速度表示灯も搭載。最高速度が6km/hを越えないように切り替えた際は表示灯が点滅し、歩道での走行が可能になる。また、ハンドル部分に加え、車両後部にも補助ウインカーを装備。さらに小型モビリティでは珍しいハザード機能もあり、周りの車両や歩行者に合図を出すことで、より安全に走行できる。

FreeMileは今後、「あちこちノーヘルでラクラく行ける」シリーズとして全3製品の展開を予定。第1弾「atico(あちこ)」に続く第2弾「ノヘル」、第3弾の「ラクラ」は2024年以降、順次発売を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  4. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  9. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  10. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
ランキングをもっと見る