トヨタの新型商用車はフィアット『デュカト』と兄弟車、EV版は航続420km 2024年欧州発売

トヨタ・プロエース・マックス・エレクトリック
トヨタ・プロエース・マックス・エレクトリック全 10 枚

トヨタ自動車の欧州部門は12月4日、新型商用車『プロエース・マックス』(Toyota PROACE MAX)を2024年、欧州市場で発売すると発表した。EVパワートレインの詳細を明らかにしている。

トヨタ・プロエース・マックス・エレクトリックトヨタ・プロエース・マックス・エレクトリック

プロエース・マックスは、トヨタの欧州商用車ラインナップおいて、最大のボディサイズとなり、EV版も用意される。プロエース・マックスは、ステランティスからOEM供給を受けるモデルだ。プジョー版は『ボクサー』、シトロエン版は『ジャンパー』。フィアット版の『デュカト』は、日本市場にも導入されている。

EV版の『プロエース・マックス・エレクトリック』には、最大出力270hp、最大トルク41.8kgmを引き出すモーターを搭載する。3種類の走行モードにより、ドライバーはエコ、ノーマル、パワーを切り替えることが可能。これにより、加速や最高速を調整し、パフォーマンスと航続のバランスを取ることができるという。

トヨタ・プロエース・マックス・エレクトリックトヨタ・プロエース・マックス・エレクトリック

プロエース・マックス・エレクトリックには、高性能バッテリーを搭載する。1回の充電での航続は、最大420km(WTLPサイクル)に到達。実用的な日常業務に充分な航続を備える、と自負する。

プロエース・マックスには、2種類のホイールベース、3種類の全長、3種類の全高を持つ6仕様が用意されており、さまざまな積載ニーズに対応している。このうち、全長は5413mm、5998mm、6363mmの3種類から選択できる。

トヨタ・プロエース・マックス・エレクトリックトヨタ・プロエース・マックス・エレクトリック

フルハイトドアと正方形の開口部、低いフロア高などにより、荷物の積み下ろし性を追求した。トヨタ車で初めて、ドアは270度開き、積載スペースとキャビンへのアクセスを高めている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 即レース可能なホンダ CBR250RR! 戦闘力を向上…東京オートサロン2024
  2. まさにスイートルーム、メルセデスベンツ『Vクラス』カスタムは受注生産…東京オートサロン2024
  3. メルセデスベンツの超高級車ブランド「ミトス」、最初の市販車は2025年発表へ
  4. ルノー『5』復活、航続400kmのEVに…ジュネーブモーターショー2024
  5. プジョーの新型電動SUV『e-5008』、3月デビューへ…内装を予告
  6. ジープの小型SUV『アベンジャー』に「4xe」、48Vマイルドハイブリッドを追加へ…ティザー
  7. ランチア『イプシロン』新型、新映像公開…家具ブランドと協力の限定車を起用
  8. 中国のEVブランド「ZEEKR」のセダン『007』、1万台目がラインオフ…納車開始から2か月足らず
  9. アウディA7に「L」、5ドアから4ドアセダンに変更…改良新型を中国発表
  10. 進化する車高調整の世界。全長調整式とネジ式、エアサスの比較~カスタムHOW TO~
ランキングをもっと見る