カワサキ、電動モーターサイクル『Ninja e-1』『Z e-1』1月発売決定、価格は101万2000円より

カワサキ Ninja e-1(左)とZ e-1(右)
カワサキ Ninja e-1(左)とZ e-1(右)全 19 枚

カワサキモータースジャパンは、同社初となるEVモーターサイクル『Ninja e-1』『Z e-1』を2024年1月13日に発売する。

カワサキ Ninja e-1カワサキ Ninja e-1

Ninja e-1はフルカウルスポーツ、Z e-1はスーパーネイキッド。ともに俊敏なハンドリング、卓越した重量バランスとひとクラス上の足回りなど、カワサキの技術が結集したEVモーターサイクルに仕上げている。

両モデルは原付2種クラスとなる定格出力0.98kWのブラシレス電動モーターを400ccクラスをベースとした信頼性の高いトレリスフレームに搭載。電動モーターならではの素早いレスポンスと大きなトルクにより、静かで俊敏な走りを実現している。

カワサキ Ninja e-1カワサキ Ninja e-1

クラッチやシフト操作が不要なオートマチックで、走行モードは「ロード」と「エコ」が選択可能。最大15秒間加速力と最高速度を向上できる「e-ブースト」や、駐輪時に便利な後進機能付きウォークモード(前進約5km/h/後進約3km/h)も装備する。

バッテリーはリチウムイオンバッテリーパックを2個使用。走行中スロットルを戻すことにより発生する減速エネルギーをバッテリーに充電する回生システムを搭載する。充電は車体から取り外してアクセサリーの専用充電器で行えるほか、車体に取り付けたままでもアダプターで充電できる。

カワサキ Z e-1カワサキ Z e-1

足回りはインナーチューブ径φ41mmのテレスコピックフロントフォークとユニトラックリヤサスペンションを装備する。また、バッテリー収納部の上部には約5リットルの収納スペースを確保。スマートフォンとBluetooth接続できる4.3インチTFTカラーインストゥルメントパネルを搭載する。

価格はNinja e-1が106万7000円、Z e-1が101万2000円。両モデルはCEV補助金対象車。また独自に補助金制度を適用している自治体もある。東京都の場合、CEV補助金12万円、東京都電動バイク普及促進事業補助金46万円、計58万円の交付を受けることができる。

最大15秒間加速力と最高速度を向上できるe-boost機能最大15秒間加速力と最高速度を向上できるe-boost機能

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. まさにスイートルーム、メルセデスベンツ『Vクラス』カスタムは受注生産…東京オートサロン2024
  2. メルセデスベンツの超高級車ブランド「ミトス」、最初の市販車は2025年発表へ
  3. 進化する車高調整の世界。全長調整式とネジ式、エアサスの比較~カスタムHOW TO~
  4. ジープの小型SUV『アベンジャー』に「4xe」、48Vマイルドハイブリッドを追加へ…ティザー
  5. スズキ エブリイ、CVT車を新設定…バンにもターボ車を追加
  6. 即レース可能なホンダ CBR250RR! 戦闘力を向上…東京オートサロン2024
  7. 野獣が2代目に、1000馬力のスーパーカー『ビースト』新型誕生…0~96km/h加速2.5秒
  8. VWの新型3列シートSUVを激写!ティグアンより20cmも長い、このモデルの正体は?
  9. アウディA7に「L」、5ドアから4ドアセダンに変更…改良新型を中国発表
  10. EVを持つなら普通充電器選びも重要! デザイン性と使いやすさに優れた「EVコンポ Mode3」PR
ランキングをもっと見る