トヨタと千代田化工、大規模水電解システム開発で協業

水電解装置(高集積化されたトヨタ製水電解スタック群)
水電解装置(高集積化されたトヨタ製水電解スタック群)全 3 枚

トヨタ自動車千代田化工建設は2月5日、大規模水電解システムの共同開発および戦略的パートナーシップを構築することで合意したと発表した。

トヨタが持つ燃料電池技術を用いた水電解セル・スタックの生産や量産技術と、千代田化工が持つプロセスプラント設計技術や大規模プラントの建造技術を融合し、競争力のある大規模水電解システムを開発することで、急激に拡大する国内外の水素製造市場に対応していく。

具体的には、世界最小レベルのサイズでありながら、水素の製造効率が高い水電解システムの開発を目指す。5MW級を基本単位とし、設置面積2.5m×6mで水素製造能力は約100kg/時間となるよう設計。これらの基本単位を組み合わせることで、大規模な水電解システムを構築する予定だ。このシステムは、設置面積が一般的な設備の約半分で済み、メンテナンス性、輸送性、現地工事期間の短縮、コストダウンなどのメリットを持つ。


《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  2. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  3. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  4. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  5. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  6. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  7. ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】
  8. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  9. ポルシェが「911ターボ」50周年を祝う…No. 1は特注の誕生日プレゼントだった
  10. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
ランキングをもっと見る