フィアット 500、初代オマージュの1957台の限定車登場…日本にも導入へ

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」
フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」全 12 枚

フィアットは2月5日、コンパクトカー『500』の限定車「コレッツィオーネ1957」(Fiat 500 Collezione 1957)を欧州で発表した。1957台を限定生産する予定で、日本市場にも導入される。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

◆オープンの「500C」がベース

フィアットは、1957年に発表された「ヌオーヴァ500」(新500)を、初代500に位置づける。このクルマは、後に大衆モータリゼーションの象徴となり、「メイド・イン・イタリー」生産のグローバル・アンバサダーになった、と自負する。イタリアのモビリティと移動の自由を象徴するモデルとなったという。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

フィアットは、このアイコンへの情熱と世界的な愛を称え、1957台限定のコレクターズ・エディションとして、コレッツィオーネ1957を発表した。この限定車は、欧州の一部市場と日本に投入される予定だ。

フィアット500のコレッツィオーネ1957は、オープンの「500C」がベースになる。エクステリアは、ホワイトジェラートとルジアダグリーンのツートーンボディにベージュのカポーテを組み合わせた。シルバービューティラインと16インチホワイトダイヤモンドアルミホイールがアクセントになっている。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

◆クォーターウインドウに1957年と2024年を示す数字

コレッツィオーネ1957には、クロームメッキのドアミラーカバーを装備した。クォーターウインドウには、1957年と2024年を示す数字と、それぞれのボディが描かれている。これは、世代のギャップを埋めるこのクルマのヘリテージへのオマージュとなるという。クロームのディテール、LEDデイタイムランニングライト、フォグランプも装備している。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

インテリアには、フラウレザーと特徴的な「ONE OF 1957」エンボスロゴが施されたアイボリーのラッピングシート、木製ダッシュボード、センタートンネル上の専用シリアルナンバープレートが装備された。

また、7インチのTFTデジタルディスプレイも標準装備する。「MOPAR CONNECT」は、安全性、モニタリング、利便性を確保する機能で、コネクティビティのオプションを向上させているという。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

◆欧州仕様は1.0リットルのマイルドハイブリッド

欧州向けのパワートレインには、マイルドハイブリッドが搭載される。フィアットが開発したマイルドハイブリッドは、1.0リットル直列3気筒ガソリン「FireFly」エンジン(最大出力70hp/6000rpm、最大トルク9.4kgm/3500rpm)に、12ボルトの「BSG」(ベルト一体型スタータージェネレーター)、電気モーター、蓄電容量11Ahのリチウムイオンバッテリーを組み合わせたものだ。トランスミッションはマニュアルとした。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

BSGシステムはエンジンに直接取り付けられており、補助装置もベルトによって駆動する。BSGは、ブレーキおよび減速中のエネルギーを回収し、蓄電容量11Ahのリチウムイオンバッテリーに蓄える。この電力はピーク時に3.6kWの出力を発揮し、加速時などにエンジンをアシストする。

このエンジンには、ストップ&スタートモードが付く。30km/h以下の低速域では、エンジンを停止できる。ハイブリッドシステムに関する情報を表示するモニターには、ドライバーにそのことを知らせる。ストップ&スタートモードは、エンジンをスムーズに再始動する。高速道路などでの低負荷走行時に、エンジンを停止するコーストモードも採用した。リチウムイオンバッテリーがすべてのサービスに電力を供給し、ドライバーが車両を完全に制御できるようにしている。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

◆日本仕様は1.2リットル直列4気筒ガソリン

一方、日本市場向けには最大出力69ps/5500rpm、最大トルク10.4kgm/3000rpmを発揮する1.2リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。トランスミッションには、ATモード付き5速シーケンシャルの「MTA」システムを組み合わせる。

フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」フィアット 500 の「コレッツィオーネ1957」

なおフィアットは、コレッツィオーネ1957は、時代を超越した自動車のクラフトマンシップと革新の祭典、としている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  2. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  3. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  4. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  5. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  6. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  7. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  8. 【ボルボ EX30 新型試乗】デザインのために操作系が犠牲になるのは正しいのか…諸星陽一
  9. スライドドア&大型リアゲート搭載の 「ロビンソンAI」、九州キャンピングカーショーに登場予定
  10. トヨタ カムリ 新型、全車ハイブリッドに…今春米国発売
ランキングをもっと見る