タツノ、高速充填対応の水素ガスディスペンサーなどを展示予定…水素・燃料電池展2024

タツノの高圧水素ガスディスペンサー「LUMINOUS H2」(参考画像)
タツノの高圧水素ガスディスペンサー「LUMINOUS H2」(参考画像)全 1 枚

石油関連機器製造のタツノは、2月28日から3月1日まで、東京ビッグサイトで開催される「H2 & FC EXPO 国際 水素・燃料電池展」に高圧水素ガスディスペンサーなどを展示すると発表した。

水素ガスディスペンサーとは、蓄圧器に蓄えられた圧縮水素ガスをすばやく車両に充填する装置のこと。水素ディスペンサーは最大流量が3.6kg/分のノーマルフロー(NF)タイプが主流となっているが、FC(燃料電池)大型トラックなどタンク容量が大きな車両では充填に時間がかかるため、最大流量5.4kg/分のミドルフロー(MF)以上に対応した水素ディスペンサーが求められている。

今回展示する「LUMINOUS H2」はMFに対応した高圧水素ガスディスペンサー。充填口が2口ある大型FCトラックに対して2ノズル同時充填が可能で、短時間で充填を完了させる。NFの対応車両にも充填でき、1台2役の機能を発揮する。

また、「HFディスペンサー」は、より高速な水素充填が可能なHF(ハイフロー)に対応したモデル。北米仕様の大型FCトラックへ、1本のノズルで大流量かつ短時間の充填を可能にする。

水素充填ノズルに関しては、操作性と安全性に優れたH70のNF/MF対応品やHF対応品を展示。これらは、自社開発の赤外線通信受光部(IR)を搭載し、万が一のトラブルにも迅速に対応できる設計となっている。

さらに、コリオリ流量計は±0.5%の高精度で高圧水素ガスを計量でき、工業用途を含む多岐にわたる用途での利用が提案される。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ランクル人気で『サファリ』復活説も浮上? 日産『パトロール』次期型はどうなる
  2. トヨタ『スターレット』復活! 2026年デビューか?
  3. 走行距離10万kmは通過点! 42.195万kmをめざせ
  4. アントレックスが折りたたみ電動スクーター『MK114』発売へ、軽自動車にも積載可能
  5. 40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
  6. スポーティだけど“eバイク”じゃない!? ヤマハの新型『PAS CRAIG』に乗ってわかったブレない"ちょうど良さ"
  7. その差は歴然!? 見た目は同じでもカロッツェリア・サイバーナビ AVIC-CQ912 ll → lll の進化は凄かった
  8. ランクル250の原点、初代『ランドクルーザー・プラド』が見せた「90’sのモダーン」【懐かしのカーカタログ】
  9. 「2024年問題」に三菱ふそうと警察庁が動いた…新聞ウォッチ土曜エディション
  10. 取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
ランキングをもっと見る