米トヨタ、新ターボ「i-FORCE」エンジンの生産を開始…タコマ新型に搭載

トヨタ・タコマ 新型
トヨタ・タコマ 新型全 5 枚

トヨタ自動車の米国部門は2月21日、ピックアップトラックの『タコマ』新型向けの2.4リットルターボ「i-FORCE」エンジンの生産をアラバマ工場で開始した、と発表した。

トヨタ・タコマ 新型トヨタ・タコマ 新型

新型タコマでは、2.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンが標準だ。最大出力は278hp、最大トルクは43.8kgmを引き出す。トランスミッションには、自動レブマッチング機能付き6速MTを用意した。6速MTの場合、2.4リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンの最大出力は270hp、最大トルクは42.8kgmに抑えられる。

i-FORCE 2.4リットルターボエンジンラインは、工場の6回目の建設拡張を示し、トヨタアラバマの総投資額を15億ドルに引き上げた。2023年には、工場は記録的な生産を達成し、北米で製造されるトヨタ車用に77万7000基以上のエンジンを組み立てた。同工場では、トヨタの人気車種である『タンドラ』、『セコイア』、『カローラ』、『カローラクロス』、『ハイランダー』、『シエナ』、『RAV4』用の4気筒および6気筒エンジンを生産している。

トヨタ・タコマ 新型トヨタ・タコマ 新型

トヨタは、2030年までに700億ドル以上を車両の電動化に投資する計画を含め、炭素削減とカーボンニュートラル製品へのコミットメントを世界的に拡大している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ『4ランナー』新型にオフロード向け「TRDプロ」仕様を設定…ハイブリッド i-FORCE MAX 搭載
  2. アバルト『クラシケ1300 OT』、5台限定で生産へ…アルファロメオ 4C ベース
  3. シボレー コルベット の頂点「ZR1」、今夏発表へ
  4. たいへんだ! リコール後遺症、不正対策、工場稼働停止…新聞ウォッチ週末エディション
  5. VW ゴルフ が表情チェンジ…改良新型の生産開始
  6. MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
  7. かつての「デュアリス」…日産『キャシュカイ』新型、公開直前にデザイン大予想!
  8. トヨタ、堤工場の停止期間を再び延長、ダイハツは5月から全工場で生産再開[新聞ウォッチ]
  9. スバル フォレスター Advance、アクティブにより使いやすく…利便性と安全性が向上[詳細画像]
  10. ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
ランキングをもっと見る