アウディ最大のSUV計画は生きていた! ベース価格で1500万円オーバー? 2026年までに登場か

アウディ Q9 プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ Q9 プロトタイプ(スクープ写真)全 16 枚

アウディ最大かつ最高級SUVとなる新規車種『Q9』とみられるプロトタイプをスクープした。

アウディのSUVラインアップの頂点に立つのは、BMWでいえば『X5』、メルセデスベンツなら『GLE』に相当する3列シートの『Q7』だ。アウディには数字的には上位の『Q8』もあるが、こちらは電動のクーペSUVなので少々カテゴリーが異なるといって良いだろう。いずれにせよ、これらのライバルにはさらに大型の『X7』や『GLS』があり、アメリカや中国の富裕層に向けて競争力を高めている。この市場は、アウディにとっても無視できないということだろう、ついにQ9を投入するようだ。

実はスクープ班は、2021年の時点でQ9のプロトタイプを捉えていた。だが、それから3年間進展が見られなかったことから、Q9プロジェクトは頓挫したかに思われた。しかし今回、市販化に向けた真のプロトタイプを撮影することに成功。計画は水面下で着々と進められていたとみられる。

アウディ Q9 プロトタイプ(スクープ写真)アウディ Q9 プロトタイプ(スクープ写真)

プロトタイプはボディシェルのほとんどが改良版のQ7のものだが、サイドビューを見ていただければ分かる通り、Bピラー(前後ドアの間)が約10cm~最大15cm程度ストレッチされている。これによりホイールベースは最大3150mm程度まで拡大されると思われ、同じVWグループの高級ブランドであるベントレー『ベンテイガ』の2995mmを超え、ベンテイガLWBの3175mmに迫るものとなりそうだ。後席はかなりのラグジュアリー空間を演出するものとなるだろう。

アウディは現在、ネーミングの新戦略を計画しており、ICE(内燃機関)搭載モデルには奇数番号を、電気モデルには偶数番号が付与されることになる。この法則でいけば、Q9はICEがベースとなるはずだ。搭載されるパワートレインはV8ではなく、3.0リットルV型6気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドが予想される。

ラインアップの電動化を推進するアウディは、2026年以降に発売する新型車はEVのみだとしていたがこの方針は軟化の方向を見せている。とはいえカーボンニューラトラルに向けた電動化そのものに変更はなく、このQ9のワールドプレミアも2026年までにおこなわれると見られる。

また、クーペSUVの「Q9スポーツバック」の導入も期待出来そうだ。気になるベース価格は、アウディSUVラインナップでは史上最高額となる10万ドル(約1500万円)とも噂されている。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】「Team HRC with 日本郵便」が3連覇、「YART-YAMAHA」は初の表彰台に
  2. マツダの新型EVセダン『EZ-6』、長安マツダ南京工場からラインオフ
  3. カワサキの「水素エンジンバイク」、鈴鹿8耐で世界初のサプライズ走行!
  4. メルセデスベンツ『Vクラス』はフル電動、自動運転は国産ミニバンとレベル違い
  5. 「160万円で買うなら、新車の軽? 中古の普通車?」2択アンケート結果は【クルマら部 車論調査】
  6. アウディ『A5』新型がラインオフ、ドイツ最新工場が追求する「持続可能な生産」
  7. ライバルを“撃沈”!? 『アズールレーン』鈴鹿8耐に3度目の参戦、3名の“戦艦美女“がチームを全力応援
  8. タイムを出すために生まれた、サーキット走行向け超ハイグリップタイヤ「SX-R」発売
  9. トヨタの『MR2』と『セリカ』、2026年に復活か…エンジンが?!
  10. 「FFスーパーボルテージ」がキャッチコピー、低さが魅力だった2代目『プレリュード』【懐かしのカーカタログ】
ランキングをもっと見る