マツダの入社式、eスポーツイベントで「走る歓び」体感…新入社員608名を迎える

・マツダ新入社員608名が入社式

・eスポーツイベントでチームワーク育成

・社長が新入社員に激励のメッセージ

マツダの入社式第2部で行われた、eスポーツイベント
マツダの入社式第2部で行われた、eスポーツイベント全 6 枚

マツダは4月1日、2024年度の入社式を実施。技術系217名、事務系43名、技能系338名、医務系10名の合計608名が新たにマツダの一員となった。

マツダ2024年度入社式マツダ2024年度入社式

マツダ体育館(広島市)で行われた入社式は、「新入社員と共に創る入社式」をテーマに、2部構成で実施された。第1部ではマツダの一員となった自覚を持つことを目的に、社長メッセージ、新入社員による決意表明、社章交付などが行われた。毛籠勝弘社長は、マツダが104年間広島で育ち、「平和都市・広島」の企業市民として社会に貢献してきた歴史を語り、新入社員に対し、マツダがお客様に選ばれ続けるため、前向きに今日を生きる人の輪を広げる原動力になるよう激励した。

第2部ではeスポーツイベントや先輩社員とのトークセッションが行われた。eスポーツイベントは、モータースポーツの取り組みを通じて「走る歓び」を新入社員に知ってもらうことが目的。新入社員2人と先輩社員1人がチームを組み、レースで対戦。役職や職種、年次の垣根を越えた仲間と共にイキイキとする体験を提供した。富士スピードウェイのショートコースで行われたレースは、「MAZDA3 Gr.4」や「RX-VISION GT3」を使用し、ソウルレッドチームが優勝した。

マツダ 毛籠勝弘社長マツダ 毛籠勝弘社長

会場では、レースを行うメンバーと応援する参加者が一体となり、走る歓びを共有することで、盛り上がりを見せたイベントとなった。新入社員は、マツダの一員として新たなスタートを切り、これからの業務に期待感を持って取り組んでいく。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【スバル クロストレック 新型試乗】身のこなしの自然さは、日本車の中でも傑出している…島崎七生人
  2. “第3のLED”で手前を照射し全域を明るく、カーメイト・GIGAから最も明るいLEDヘッドバルブ発売
  3. 別物に生まれ変わる! エンジンスワップの世界で定番4つ~カスタムHOW TO~
  4. マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
  5. トヨタ『4ランナー』、15年ぶりに新型登場…初代ハイラックスサーフに敬意
  6. ポルシェライフスタイル「ターボ No.1コレクション」発売…911ターボ50周年記念
  7. これが『MR2』後継モデル!? トヨタ最後のICEスポーツカーは『GRスープラ』以上の高額に?
  8. 【NLS第1-2戦】NLS耐久シリーズ開幕戦で優勝!「PROXES Slicks」でニュルを快走、週末の24時間耐久予選レースにも期待PR
  9. マクドナルド、10周年記念『トミカ』ハッピーセット販売開始…金のGRカローラも
  10. 日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
ランキングをもっと見る