トヨタ『4ランナー』、15年ぶりに新型登場…初代ハイラックスサーフに敬意

トヨタ 4ランナー 新型
トヨタ 4ランナー 新型全 5 枚

トヨタ自動車の米国部門は4月9日、SUVの『4ランナー』(Toyota 4Runner)新型を発表した。

トヨタ 4ランナー 新型トヨタ 4ランナー 新型

2009年9月に発表された従来型4ランナーは、5世代目モデルだ。4世代目モデルまでは、日本では『ハイラックスサーフ』として販売されていた。しかし、従来型から北米専用モデルとなり、日本では1984年の初代から4代25年間で、ハイラックスサーフが消滅している。15年ぶりにモデルチェンジした新型のデザインは、ミシガン州を拠点とするCALTYデザインチームが指揮した。デザイナーは過去からインスピレーションを得ると同時に、未来にも目を向けた。第1世代と第2世代の4ランナーに敬意を表し、デザイナーは「ラップオーバー」クォーターガラスを復活させた。

また、デザインチームは、理想的なインテリアデザインを実現するために細心の注意を払った。操作しやすく機能的なインターフェイスを追求する。例えば、2列目タンブルシートは、新型4ランナーの使い勝手を高め、荷室フロアを最大限に活用するのに役立つという。

トヨタ 4ランナー 新型トヨタ 4ランナー 新型

トヨタの最新技術を搭載した新インフォテインメントスクリーンを採用した。8インチまたは14インチのマルチメディアタッチスクリーンを装備する。このシステムは、ワイヤレスのApple 「CarPlay」とグーグル「Android Auto」に対応する。マルチメディアタッチスクリーンの右側には、USB-Cポートを配置した。前列にはデュアルUSB-C充電ポートが装備される。7インチのメータークラスターはベースグレードに標準装備され、12.3インチのデジタルメータークラスターが上位グレードに標準装備された。

2.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「i-FORCE」エンジンは、最大出力278hp、最大トルク43.8kgmを発揮する。トランスミッションは、8速ATを組み合わせている。

トヨタ 4ランナー 新型トヨタ 4ランナー 新型
詳細画像トヨタ 4ランナー 新型トヨタ 4ランナー 新型 > トヨタ『4ランナー』新型...最新技術と高い耐久性の両立
https://response.jp/article/2024/05/06/381669.html

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 三菱デリカ『D:6』準備中、D:5が19年ぶりにフルモデルチェンジ
  2. シトロエン『C3エアクロス』新型、3列シートの7名乗りが初登場…欧州受注開始
  3. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
  4. 40系『ヴェルファイア』をスポーティに演出! BLITZオリジナルエアロキット・3アイテムが新登場
  5. ヤマハのスクーター『NMAX』に「ターボ」登場!? 新型のキモは新技術の「電子制御CVT」
  6. アウディ『RS 3』新型がニュルブルクリンクで新記録…実車は8月デビューへ
  7. 三菱『デリカD:5』ついにフルモデルチェンジへ! 車名は「D:6」!? 2025年内発表か
  8. ホンダのATV『パイオニア520』、カモフラージュカラーが新登場…米2025年型
  9. [15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
  10. なぜ? 未来の『デリカ』がPHEVの理由…ジャパンモビリティショー2023で世界初公開
ランキングをもっと見る