一気に200馬力以上のパワーアップ!? アウディのスーパーワゴン『RS4アバント』後継モデルは電動化で進化する

アウディ RS5 アバントの予想CG
アウディ RS5 アバントの予想CG全 14 枚

アウディは現在、人気ワゴン『A4アバント』後継モデルとなる『A5アバント』を開発中だ。その頂点に君臨するハイパフォーマンスワゴン『RS5アバント』も同時に開発が進められていることはすでにスクープ班がキャッチしていたが、今回はその最終デザインとスペックにせまる。

すでに報じられている通りだがアウディは今後、車名の命名方法を変えていく。今一度説明すると、ICE(内燃機関)搭載モデルには奇数番号が付けられ、電気自動車=BEVには偶数番号が付けられる。つまりこれまでの主力ラインであった『A4』はBEVに与えられる車名となり、従来のA4は『A5』に統合される形になる。そしてセダンがなくなり「クーペ」、「カブリオレ」、「スポーツバック」のラインナップにワゴンの「アバント」が加わる。これにより、ハイパフォーマンスワゴン「RS4アバント」は「RS5アバント」として生まれ変わるのだ。

海外自動車メディア「KOLESA RU」の協力によって作成した予想CGは、プロトタイプと最新情報をベースに描かれたものだ。フロントノーズは現行A4よりわずかに低く、トレッドがワイド化されている。またボンネットフードをコンパクトに、大きなグリルと、アグレッシブなコーナーエアインテークを備えたバンパーを装備している。

アウディ RS5 アバントの予想CGアウディ RS5 アバントの予想CG

またフロントフェンダー後部にエアアウトレットを配置、分厚いサイドスカートも装着する。後部では、ライトバーで接続されたワイドなLEDテールライト、ディフューザーを備えたリアバンパー、そして「RS」モデルのアイコンともいえる楕円形のデュアルエキゾーストパイプを見ることもできる。

最大の目玉はそのパワートレインだろう。現行型RS4の2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを継承するとみられるが、電気モーターとバッテリーを組み合わせたプラグインハイブリッドに進化する。最新のRS4では最高出力444psだが、RS5アバントでは、同じくプラグインハイブリッドのメルセデス『AMG C63』の671psに匹敵する可能性があるという。これが事実なら一気に200ps以上のパワーアップとなる。

新生RS5アバントのワールドプレミアは、2025年初頭と予想される。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. マツダの新型SUV『CX-70』、ターボ+ハイブリッド搭載…メキシコ市場に導入へ
  2. ドゥカティ、アイルトン・セナを称える『モンスター』発表…世界限定341台
  3. あの“ランチア・デルタ”がジムニーに?! ダムド『リトル・デルタ』の超意外なかっこよさに一目惚れPR
  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】「いいセダンこそいいクルマ」を再認識…島崎七生人
  5. いすゞとカミンズ、新型6.7リットルエンジン発表…『フォワード』に搭載
  6. アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場…欧州仕様
  7. スズキ『ジムニー 5ドア』に500台限定の「ヘリテージ」仕様…オーストラリアで発表
  8. ピニンファリーナとモーガン、オープンスポーツ『ミッドサマー』発表…50台限定
  9. 【ランドクルーザー250 vs ラングラー】スペック比較…新型オフローダーの性格の違いが明らかに
  10. カスタムの要! 1ピース vs 2ピース、ホイールの構造を徹底解説~カスタムHOW TO~
ランキングをもっと見る