コンチネンタル「道路からクラウドまで」…人とくるまのテクノロジー展 2024予定

SDV
SDV全 3 枚

コンチネンタルは、パシフィコ横浜にて5月22日より開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2024」に出展し、未来のモビリティのビジョンを展示する。

自動駐車自動駐車

「The Future is Now: Innovating Mobility from the Road to the Cloud.(未来は今:道路からクラウドまで、モビリティの革新)」をモットーに、以下のような安全・自律型、エキサイティングなモビリティを実現する機能やソリューションを紹介する。

●ソフトウェアによって定義される機能

In2visibleIn2visible

次世代の自動車は、ソフトウェアにより可能になる機能によって特徴付けられている。本展示会では、コンチネンタルのクラウドエコシステムへのアプローチを紹介する。実現技術、ハードウェアコンポーネント、複雑なソフトウェアソリューションと機能を提供する。

コンチネンタルは、SDVの技術的パイオニアの1社として、包括的な製品ポートフォリオにより、より安全で、エキサイティングで、自律運転体験を実現している。大量のデータをクラウドとの間で転送できるようにするために、すべてのデータを処理、管理、配信するための強力なソフトウェアを開発している。Continental Automotive Edge (CAEdge) フレームワークにより、モジュラーソリューションで、自動車業界におけるサービス指向の車両アーキテクチャ向けソフトウェアを効率的に開発するための新しいアプローチを確立している。

●自動運転で駐車

駐車はドライバーにとってストレスの多い経験になる場合がある。レーダー・ビジョン・パーキングは、駐車場所を見つけ、狭いスペースに駐車し、荷物を積み下ろすための十分なクリアランスの確保まで、面倒な経験を受け止め、今日のドライバーに未来のモビリティをもたらす。

高解像度サラウンドレーダーと高解像度カメラを組み合わせることで、車両周囲の正確な近距離測定を必要とする駐車ユースケースを可能にした。たとえば、駐車スロットを早い段階で検出できれば、ユーザーはその場所を通過することなく、一気に駐車することができる。レーダーは非常にコンパクトで、バンパーの後ろに取り付けることができ、カメラと組み合わせることで、車両周囲を360°シームレスに表示することができる。

●安全でサステナブルなブレーキ

ブレーキシステムは、ますますインテリジェント化されており、自動運転や電動化における将来のニーズや要件を満たしている。アーキテクチャが変更された次世代車両で最初の実装が行われることになるが、将来のブレーキシステムにおいて安全性と持続可能性を妥協なく両立させるために、新しい車両アーキテクチャを深く理解する必要がある。

●イントゥービジブル・ディスプレー

コンチネンタルにとって、モビリティとは、単にある場所から別の場所に移動するだけでなく、重要なのは「どのように」移動するかである。最新最先端のイノベーションが相互作用し、エキサイティングなドライビング体験を生み出す。その一例が必要なときにだけ魔法のように現れる統合制御ディスプレイが、「イントゥービジブル (In2visible) ディスプレー」だ。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMWが14車種の新型車を発売へ…『X3』や『1シリーズ』に新型 2024年
  2. 【スバル クロストレック 新型試乗】いい道具は、かよわき乙女を守ってくれるのか?…岩貞るみこ
  3. 『セリカ』はGRで復活か? エンジンは?---トヨタの名車が再登場
  4. VWが5月31日に新型車発表…『ゴルフGTI』改良新型に「クラブスポーツ」を設定か
  5. クラファンでは4日で完売…ソフト99がホイール洗浄用ブラシ「奥洗王〈おくあらおう〉」を一般販売開始
  6. アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
  7. スマホ音楽を高音質で再生! オーディオテクニカ「AT-HRD100」「AT-HRD300」発売
  8. MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
  9. 【ホンダ フリード 新型】「開発者もターゲット層」だからこそ実現できた3列目シートと車内空間
  10. 【マツダ CX-60 新型試乗】あえての辛口評価も、ポテンシャルあればこそ…中村孝仁
ランキングをもっと見る