ピニンファリーナとモーガン、オープンスポーツ『ミッドサマー』発表…50台限定

ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』
ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』全 5 枚

モーガン・モーター・カンパニー(モーガン)とピニンファリーナは5月16日、新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』(Midsummer)を発表した。同車は、欧州のバルケッタデザインの全盛期に敬意を表して開発され、限定50台を生産する。

ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』

ミッドサマーは、モーガンの最新「CX-Generation」ボンデッドアルミ製プラットフォームをベースにしており、6気筒ターボエンジンと8速オートマチックトランスミッションを搭載している。このプロジェクトは、モーガンとピニンファリーナの共同ビジョンを具現化したものだ。両社のコーチビルドの歴史とデザインへの情熱が、偶然の会話から結びつき、ミッドサマーのプロジェクトが始まったという。

ミッドサマーのデザインは、両社の哲学とストーリーを理解するための多くの時間を費やした結果だ。モーガンの原則に忠実でありながら、未来のデザイン言語をプレビューする要素を取り入れ、ピニンファリーナの純粋なデザインと融合させている。

ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』

バルケッタデザインにより、オープンエアの爽快感や車両とドライバーのつながりが強調されている。高品質な素材とエモーショナルな運転を可能するミッドサマーは、特にリアクオーターの角度から見ると、その存在感が最も顕著という。

モーガンの新しいシグネチャーヘッドライトユニットや、馬蹄形のグリル、長いリアテールなど、デザインの細部にもこだわりが見られる。これらの要素は、1930年代後半から1940年代初頭の自動車デザインを思わせるものだ。

ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』ピニンファリーナとモーガンの新型オープンスポーツカー『ミッドサマー』

ミッドサマーは、モーガンの特徴的な運転体験をさらに進化させ、バルケッタスタイルにより、ドライバーと周囲の環境との一体感を強調している。乾燥重量は1000kgを目標としており、調整可能なニトロンダンパーを装着している。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタが『GRクラウンスポーツ』を計画中!? 新たな高性能フラッグシップSUV登場となるか
  2. 三菱デリカ『D:6』準備中、D:5が19年ぶりにフルモデルチェンジ
  3. 「ソアラ」の翌月に登場した2代目『レパード』の衝撃【懐かしのカーカタログ】
  4. あさひが新型電動アシスト自転車『ENERSYS U』発売…自動的にアシストモードを切り替え
  5. BMW 1シリーズ 新型で最強の『M135i』、その中身とは[詳細画像]
  6. オージーケーカブト、「ウルトラクールシステム」採用ヘルメットに新グラフィック登場
  7. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]「音質を変える」か「音響環境を整える」か。
  8. レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
  9. メルセデスベンツ Vクラス のキャンピングカー、「マルコポーロ」に改良新型…欧州で発売
  10. アントレックスがフル電動三輪ビークル『Entre Cargo』発売
ランキングをもっと見る