BMW M3 セダン、「コンペティション」は530馬力に強化…欧州で改良

BMW M3 コンペティション・セダン の改良モデル
BMW M3 コンペティション・セダン の改良モデル全 5 枚

BMWは5月29日、高性能セダン『M3セダン』の改良モデルを欧州で発表した。『3シリーズ・セダン』がベースの高性能モデルになる。

BMW M3 コンペティション・セダン の改良モデルBMW M3 コンペティション・セダン の改良モデル

改良モデルには、高回転志向の直列6気筒エンジンとMツインパワーターボ技術が搭載されている。この3.0リットルエンジンは、エンジンスピードの高回転域までリニアなパワーデリバリーを実現し、BMW Mの高性能モデル特有の性能を発揮する。

改良モデルの「M3コンペティション・セダン」のエンジンは、デジタルエンジン制御ユニット(DME)の最適化により、20hp強化された。3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンは、最大出力530hpを6250rpmで発揮し、最大トルク650Nmを2750~5730rpmまでの範囲で引き出す。

BMW M3 コンペティション・セダン の改良モデルBMW M3 コンペティション・セダン の改良モデル

その結果、0~100km/h加速は3.5秒で駆け抜け、最高速は250km/hでリミッターが作動する。オプションのMドライバーパッケージを選択すると、最高速は290km/hに達する。

M3セダンのエンジンには、レースカーのエンジン構造から適応された多くのメカニズムが組み込まれている。スリーブレスのクローズドデッキ構造を持つクランクケースは剛性が高く、軽量設計の鍛造クランクシャフトと組み合わせることで、高いトルクを発揮する。シリンダーボアにはワイヤーアークスプレー鉄コーティングが施され、シリンダーヘッドの3Dプリントコアは冷却ダクトの最適化を可能にしている。

BMW M3 コンペティション・セダン の改良モデルBMW M3 コンペティション・セダン の改良モデル

冷却システムと同様に、オイル回路もサーキット走行の課題に対応するよう設計されている。マップ制御オイルポンプは、極端な縦方向および横方向の加速時でも、信頼性のあるオイル供給を実現する。

Mツインパワーターボ技術には、2つのモノスクロールターボチャージャーが含まれており、それぞれが3つのシリンダーに圧縮空気を供給する。低温回路によって供給されるインタークーラーと特別に設計されたコンプレッサーが、ターボチャージャーの出力をさらに向上させる。この技術パッケージには、350バールの最大圧力で燃料を微細に噴霧するハイプレシジョンインジェクション、「VALVETRONIC」可変バルブタイミング、「ダブルVANOS」完全可変カムシャフトタイミングも含まれている。

BMW M3 コンペティション・セダン の改良モデルBMW M3 コンペティション・セダン の改良モデル

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
  2. アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』欧州発表…220馬力モーター搭載
  3. 日産『ノートオーラ』がマイナーチェンジ、90周年記念車と“大人のオーラ”「AUTECH」も新設定
  4. 新マスク採用、ルノー『キャプチャー』改良新型の受注を欧州で開始
  5. 紙の切符にパチン! 西武池袋線の4駅で復活
  6. [15秒でわかる]日産『キャシュカイ』改良新型…e-POWER設定
  7. トヨタ系販社11社での修理費過大請求、1年半で計1万6184件に[新聞ウォッチ]
  8. トヨタ『カローラハッチバック』2025年型…新設定の「ナイトシェード」はスポーティ&スタイリッシュ[詳細画像]
  9. トヨタ認証不正「国連基準」も満たさず、海外でも生産できない可能性[新聞ウォッチ]
  10. いすゞのSUV『MU-X』に改良新型、表情一新…タイからグローバル展開へ
ランキングをもっと見る