オージーケーカブト、「ウルトラクールシステム」採用ヘルメットに新グラフィック登場

オージーケーカブト SHUMA TREAD ブラックレッド
オージーケーカブト SHUMA TREAD ブラックレッド全 7 枚

オージーケーカブトは、クーリングシステムに優れ高い快適性で人気のヘルメット「SHUMA(シューマ)」に新たなグラフィックモデル「TREAD(トレッド)」を追加した。税込価格は3万6300円で、販売開始は6月下旬より。

「TREAD」は、SHUMAが持つ「ウルトラクールシステム」にインスパイアされたデザインで、ヘルメット内部のエアレーションをビジュアライズしたグラフィックが特徴。印象的なストリームラインはグラデーションによって奥行き感を持たせ、エアベンチレーションとエッジを効かせたシェル形状にマッチしているほか、帽体のコンパクトさとスタイリッシュさをより一層際立たせている。

オージーケーカブト SHUMA TREAD ブラックレッドオージーケーカブト SHUMA TREAD ブラックレッド

カラーはブラックレッド、ブラックグリーン、ブラックホワイトの3種類が用意されている。サイズはXS(54-55cm)からXL(61-62cm)まで2シェル5サイズ展開で、JIS標準規格に適合。標準装備として赤外線(IR)カット素材を使用した「CF-1W UICシールド(UICクリア)」が付属する。

「SHUMA」は、フロントトリプルレイアウトのヘッドベンチレーションと、風が通り抜ける新感覚のフィッティング内装「HEXA-PAD」による「ウルトラクールシステム」、またヘルメット内部への熱伝導を低減させる赤外線(IR)カットシールドを採用。走り出した瞬間から涼しさを感じられる軽量コンパクトでスタイリッシュなフルフェイスヘルメットとなっている。

また使いやすい眼鏡対応チークパッドやインカム取り付けを考慮した専用スペースも搭載し、ワンタッチタイプのマイクロラチェットバックルも装備した。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 三菱『アウトランダー』2024年モデルを米国発表、最先端の三菱車として人気に
  2. メルセデスベンツ『EQC』が引退、Cクラス電動SUVの『GLC EV』登場!
  3. スバル『フォレスター』の2024年モデル、米国の後方衝突防止テストで最高評価
  4. マツダの新型EVセダン『EZ-6』、長安マツダ南京工場からラインオフ
  5. スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
  6. 【CX-60 vs クラウンスポーツ】スペック比較…国産プレミアム対決、似て非なる2台の真価とは
  7. サブコンとスロコンの違いとは? 圧倒的な効果とクルマに合った選び方を解説~カスタムHOW TO~
  8. [音のプロが推す“超納得”スタートプラン]“音”か“使い勝手”か、不満に対して最適な作戦を選択!
  9. プロモーションには大谷選手を起用! ダンロップが次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発表
  10. 「160万円で買うなら、新車の軽? 中古の普通車?」2択アンケート結果は【クルマら部 車論調査】
ランキングをもっと見る