【ホンダ クラリティPHEV 4000km試乗】環境技術のアドバルーンではもったいない[前編] 15枚目の写真(全30枚)

フロントサスペンション。アーム、スタビライザー締結ロッドなどはすべて軽合金製で、下手なプレミアムセグメントのセダンをしのぐお金のかけ方だった。
《撮影 井元康一郎》 フロントサスペンション。アーム、スタビライザー締結ロッドなどはすべて軽合金製で、下手なプレミアムセグメントのセダンをしのぐお金のかけ方だった。

ピックアップ