車両運用を最適かつ自動的に…JR九州が最新テクノロジーを活用し、コスト削減へ (3/3)

検証の対象線区。結果を踏まえて他線区への拡大も検討。旅客の重要予測なども進める予定。
《資料提供 九州旅客鉄道》 検証の対象線区。結果を踏まえて他線区への拡大も検討。旅客の重要予測なども進める予定。