【リコール】驀進!! マツダ『トリビュート』の販売数ではなく、ブレーキが

自動車 社会 行政
【リコール】驀進!! マツダ『トリビュート』の販売数ではなく、ブレーキが
【リコール】驀進!! マツダ『トリビュート』の販売数ではなく、ブレーキが 全 2 枚 拡大写真
マツダは『トリビュート』の制動装置に不具合があったとして、運輸大臣にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2000年10月16日から12月4日までに生産した669台。

対象のクルマでは、ブレーキマスターシリンダーの製造方法が不適切なため、シリンダー内セカンダリー側ピストンに装着されているゴムカップに膨潤しているものがある。それをそのまま使用を続けると、当該ゴムカップが摺動により傷つき、最悪の場合、液圧が漏れて制動力が低下するおそれがある。

発生不具合は無いが、発見は生産工場からの情報による。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマートモビリティチャレンジのホームページ
  • 使用予定のEVバス、シンクトゥギャザーeCOM-8(オートモーティブワールド2012)
  • JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
  • 日産自動車追浜工場
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2000/12/14/6114.html