【改善対策】不遇のSUV、『トリビュート』などさらにパワステも

自動車 社会 行政
【改善対策】不遇のSUV、『トリビュート』などさらにパワステも
【改善対策】不遇のSUV、『トリビュート』などさらにパワステも 全 1 枚 拡大写真
マツダは20日、昨年11月〜今年7月に生産された『MPV』、『トリビュート』、フォード『エスケープ』の改善対策を届け出た。

補器類駆動ベルト用テンショナーの取付不備により、最悪の場合、テンショナーとベルトが脱落して発電機とパワーステアリングが作動しなくなる。これまで国内51件の不具合が見つかっている。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ デザインタッチ
  • マツダの新型EVのティザーイメージ
  • マツダ3 新型 ファストバック
  • ユーノス ロードスター(初代マツダ ロードスター)のカタログ
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2001/12/20/13905.html