【改善対策】不遇のSUV、『トリビュート』などさらにパワステも

自動車 社会 行政
【改善対策】不遇のSUV、『トリビュート』などさらにパワステも
【改善対策】不遇のSUV、『トリビュート』などさらにパワステも 全 1 枚 拡大写真
マツダは20日、昨年11月〜今年7月に生産された『MPV』、『トリビュート』、フォード『エスケープ』の改善対策を届け出た。

補器類駆動ベルト用テンショナーの取付不備により、最悪の場合、テンショナーとベルトが脱落して発電機とパワーステアリングが作動しなくなる。これまで国内51件の不具合が見つかっている。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ ロードスター30周年記念車
  • マツダとトヨタの米国合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.」くわ入れ式(2018年11月)
  • 9年目の現行アテンザ。フルモデルチェンジは新開発アーキテクチャで?
  • 東芝の二次電池 SCiB
  • 直6・SKYACTIV-Xを搭載するマツダの新型フラッグシップクーペ(予想CG)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2001/12/20/13905.html