ダイハツ決算、軽自動車販売苦戦で減収減益へ

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツ決算、軽自動車販売苦戦で減収減益へ
ダイハツ決算、軽自動車販売苦戦で減収減益へ 全 2 枚 拡大写真
ダイハツ工業の2003年3月期中間連結決算は、連結売上高が前年同期比4.2%減の4557億円、営業利益が同55.9%減の46億円、経常利益が同37.0%減の57億円となった。2期ぶりの減収、3期ぶりの減益となった。

減収減益となったのは、国内の軽自動車販売が落ち込んだため。三菱自動車やホンダ、スズキなど、軽自動車の新型車投入が相次ぎ、競走が激化、同社も『MAX』(マックス)などの新型を投入したが苦戦した。売上台数は国内が同9.7%減の21万6000台と大幅に落ち込んだ。

通期の予想は連結売上高が同0.6%増の9500億円、連結経常利益が同0.8%減の160億円を見込んでいる。新型『ムーヴ』で一気に巻き返す戦略だ。

●東京モーターショー開幕近付く!! メールマガジン「デイリーニュースランキング」では毎日の記事の中からオートアスキー編集部が選んだおすすめ記事をランキングにしてお届け!! 重大ニュースの見落としがこれでなくなります。---

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ
  • タフトに採用された電動パーキングブレーキ機構付きドラムブレーキ
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ