マツダ、遂に底打ち? ---生産・販売が大幅改善へ

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ、遂に底打ち? ---生産・販売が大幅改善へ
マツダ、遂に底打ち? ---生産・販売が大幅改善へ 全 1 枚 拡大写真
マツダが25日発表した10月の生産・販売状況によると、世界生産台数は前年同月比23.9%増の8万4377台で、2カ月連続でプラスとなった。苦戦が続いてきたマツダだが、『アテンザ』、『デミオ』で復活しつつある。

国内生産は同15.3%増の6万4233台で、4カ月連続のプラス。国内向けのデミオ、欧州向けの『マツダ6』(日本名『アテンザ』)、北米向けの『MPV』が好調なのが主因だ。国内販売は同9.8%増の1万9563台で3カ月連続のプラスだった。デミオを5600台販売したため。

輸出は同3.3%減の3万2792台だった。2カ月ぶりのマイナスで、北米向けのファミリアなどが低迷したのが主因だ。海外生産は同62.8%増の2万144台と急増した。北米のフォードとの合弁AAIで生産するマツダ6が好調なため。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MX-30開発主査 竹内都美子氏
  • マツダ CX-8
  • マツダ MX-30と丸本明社長
  • マツダ量産型EV MX-30発表
  • メルセデスベンツ Eクラスオールテレーン 改良新型(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2002/11/25/21031.html/article/2002/11/25/21032.html