【リコール】シボレー、電動ドアミラーに不具合ほか

エコカー 燃費
日本ゼネラルモーターズと三井物産は11日、シボレー『アストロ』、『スタークラフト』などシボレー車5車種に不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。

96年10月から98年11月までに輸入したシボレー・アストロ、『ブレイザー』と、97年11月から99年4月までに輸入した、アストロ・スタークラフト、アストロ・ティアラの合わせて4648台は、電動式ドアミラー用配線の保護回路が不適切なため、短絡時にヒューズが溶断せず、配線部の過熱から火災になるおそれ。

全車両、配線に対策用ヒューズを追加する。また日本GMが昨年10月から11月までに輸入したシボレー『トレイルブレイザー』、213台は、生産時に損傷した左前輪用ブレーキパイプを取り付けた可能性があり、最悪の場合、ブレーキ液が漏れて制動力が低下するおそれ。

《編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ