【マツダ・ベリーサ発表】ボディは進化、安全性を向上

自動車 ニューモデル 新型車
【マツダ・ベリーサ発表】ボディは進化、安全性を向上
【マツダ・ベリーサ発表】ボディは進化、安全性を向上 全 3 枚 拡大写真
内外装の上質感が注目されるマツダ『ベリーサ』(28日発表・発売)だが、見えない部分でもクルマとしての基本性能が開発のベースとなった『デミオ』よりも大きく進化している。そのひとつが、安全性が向上したボディだ。

「クルマのハード面で大きく進化したポイントは、実はボディなんですよ。2002年8月に発売したデミオのJNCAPテスト(ジェイエヌキャップ:国土交通省と自動車事故対策センターが自動車ユーザーのために行なっている公式な衝突テスト)結果は、運転席、助手席ともに5つ星なんですが、社内で実施した衝突テストでのベリーサの結果は6つ星でした」(国内マーケティング本部商品ブランドマーケティング部の遊上孝司さん)

「正式な結果はJNCAPテストまで待たないといけませんが、デミオより衝突安全性が向上しているのは間違いありません。来年春のJNCAPテストが楽しみですね」

コンパクトカーといえども、安全性はユーザーのクルマ選びに大きく影響する要素。ボディの進化も含めたベリーサの安全性能の高さは、ユーザーに対しての大きなセールスポイントになるだろう。

《工藤貴宏》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV