【マツダ・ベリーサ発表】さりげないスペシャリティ

自動車 ニューモデル 新型車
【マツダ・ベリーサ発表】さりげないスペシャリティ
【マツダ・ベリーサ発表】さりげないスペシャリティ 全 5 枚 拡大写真
マツダ『ベリーサ』(28日発表・発売)の対象ユーザーは、モノ選びに「自分らしい上質さ」「こだわり」を求める30代前後で子供のいないカップルだという。それに加えてマツダでは、子育ての終わった熟年夫婦の需要も期待している。

ここから導き出されるのは、ベリーサはスペシャリティカーであるという結論だ。プログラム開発推進本部の清地秀哲・主査は、80年にデビューして若者から絶大な支持を得た「赤い『ファミリア』」の現代版としてベリーサを開発したという。

「赤いファミリア」は朴訥なスタイリングで、性能が高いわけでもない。しかし多くの支持を得られた理由として、清地氏は「明快なメッセージのある、わかりやすいクルマだったから」と説明する。キャラクターのはっきりした商品性が好感されたのだ。

そこでベリーサではキャラクター性を打ち出すために、MPVあるいはSUV的な多用途性をある程度犠牲にしてでも「何をやるにも中途半端」という結果を極力排除したかったのだとか。

しかし3ドアが若者にウケた「赤いファミリア」とは異なり、ベリーサは『デミオ』と同じ5ドアハッチバック。車型ではスペシャリティ感は演出できず、スタイリングで差異をつけようという作戦だ。

《》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV