許さない…泥酔男がバイク9台破壊

自動車 社会 社会
神奈川県警は13日、酒に酔った勢いで路上駐車されていたバイク8台を破壊したとして、41歳の男を器物損壊の現行犯で逮捕した。

神奈川県警・多摩署によると、事件が起きたのは13日の午前4時30分ごろ。川崎市多摩区登戸付近にある小田急小田原線・向ケ丘遊園駅の南口にある同署交番に勤務していた警察官がバリバリという異音がしていることに気がついた。

音がする方向に向かうと、中年の男が倒したバイクの上に自転車を積み上げているのを発見。「何をしているんだ」と一喝したが、男は自転車を積み上げる作業を止めなかったため、2人掛かりで取り押さえ、器物損壊の現行犯で逮捕した。

男はバイク1台のカバーを引き剥がし、さらには近くに止めてあった原付バイク8台を蹴り倒した上で、隣接した場所に駐輪されていた自転車を積み重ねていた。

取り調べに対し、男は「ジャマなので積み上げた。街をキレイにしてやろうと思った。どうしてジャマをするんだ」と警官に文句を言っていたという。

男は当時かなり酒に酔った状態で、歩いて帰宅しようとした際に路上駐車されていたバイクと接触し、これに腹を立てて犯行に及んだと推測されている。

《石田真一》

この記事はいかがでしたか?

編集部ピックアップ