クライスラーインターナショナルが初の黒字

自動車 ビジネス 企業動向
クライスラーインターナショナルが初の黒字
クライスラーインターナショナルが初の黒字 全 1 枚 拡大写真
クライスラーグループの国際部門で、北米以外でクライスラー、ダッジ、ジープを販売するクライスラーインターナショナルが、今年度初めて黒字を計上する見込みだという。インターナショナルの運営が始まった1920年代以来、初の快挙となる。

クライスラーは現在世界125カ国で車を販売しており、インターナショナル部門の黒字転換は同社にとって非常に明るいニュースとなる。

また、アメリカ国内でもクライスラー『300C』やダッジ『マグナム』などの売れ行きが順調で、ライバルGMやフォードが赤字決算となっている中、クライスラーだけは若干の黒字を計上している(ただしメルセデスベンツが赤字のためダイムラークライスラー全体では赤字)。

アメリカではすでにビッグ3から脱落、トヨタに追いこされているクライスラーだが、来年度からの巻き返しに注目が集まる。

《Sachiko Hijikata, US editor》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • クライスラーグループの米国ミシガン州ウォーレン工場
  • 新社名はダイムラー
  • 【フランクフルトモーターショー07】メルセデスベンツ “The Road to the Future” 写真蔵
  • クライスラーグループ、サーベラスへの売却手続きが完了
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV