ゴーン日産社長「購買政策は変更しない」…カルソニックカンセイ

自動車 ビジネス 企業動向
ゴーン日産社長「購買政策は変更しない」…カルソニックカンセイ
ゴーン日産社長「購買政策は変更しない」…カルソニックカンセイ 全 1 枚 拡大写真
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は、カルソニックカンセイへの出資比率を引き上げたことに関して「日産は手を引くか、支配下に置くかのどちらかで中途半端はしない」と述べ、購買政策の政策の変更では無いと強調した。

ゴーン社長は、1999年の経営再建で、取引先部品メーカーを大幅に削減するとともに、部品メーカーの持ち株を手放し、系列を解体する方針を貫いてきたが、カルソニックカンセイへの出資比率を増やし、連結対象の子会社化した。

方針転換かと質問されたゴーン社長は「最低でも(部品メーカーへの出資比率を)40%持って支配下に置くか、そうできない少数株主なら、手を引く」というだけ。今回のカルソニックカンセイは「40%以上に出資を引き上げ、今まで不安定だった関係を安定させた」と述べ、方針転換では無いと強調した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東武バス
  • マーチニスモS(ニスモパーツ装着車)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • 日産 ローグ 新型
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV