【デトロイトモーターショー05】マッスルカー、ダッジ チャージャーが復活

自動車 ニューモデル モーターショー
【デトロイトモーターショー05】マッスルカー、ダッジ チャージャーが復活
【デトロイトモーターショー05】マッスルカー、ダッジ チャージャーが復活 全 7 枚 拡大写真
60年代のアメリカを凌駕したマッスルカー、ダッジ『チャージャー』が20年ぶりに復活した。デトロイトモーターショーの発表会場に姿を表した21世紀のマッスルカーは340馬力を発揮する「HEMI」エンジンを搭載する。

HEMIは、現行のジープ『グランドチェロキー』やクライスラー『300C』、ダッジ『ラム』ピックアップトラックのトップモデルに搭載される最強エンジンとして、クライスラーグループのパワフルさを象徴するエンジンだが、元来はチャージャーを代表する60年代のマッスルカーがNASCARで活躍した時代のレーシングエンジンがルーツだ。

開幕前日(8日)に同じデトロイトショーで行われた選考会で、乗用車部門の北米カー・オブ・ザ・イヤー(NACOY)を受賞したほか、『モータートレンド』誌のカー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれたクライスラー300CにもHEMI-V8が搭載されているが、チャージャーは受賞モデルに比べさらに車体が軽量小型化されており、より力強くスポーティになり、“マッスルカー”の名に相応しい走りが期待できそう。 

チャージャーのパワートレインとしてはHEMIの他、3.5リットルV6エンジンも用意されたが、今年の夏前の発売時にディーラーに並ぶニューモデルの半数はHEMIを搭載することになる模様で、南北アメリカのほか、一部中東地域のみで販売となる。
 
ダッジは今季のNASCARネクステルカップ全戦にチャージャーの投入を決めており、若者を中心に購買層を拡大するもくろみで、発表会場には60−70年代のNASCARアメリカンヒーローのリチャード・ペティと、彼の息子でNASCARチャージャーをドライブするカイル・ペティらも駆けつけ、チャージャーのパワフルな走りをアピールした。

《ケニー中嶋》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • フォード・マスタング・シェルビーGT500(デトロイトモーターショー2019)
  • スバル WRX STI 2019年モータースポーツ仕様(デトロイトモーターショー2019)
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2005/01/12/67018.html/article/2005/01/12/67008.html/article/2005/01/12/67013.html