興味半分でクルマを盗み、所有者を引きずる

自動車 社会 社会
5日、北海道函館市でクルマを盗まれた男性が、制止しようとしがみついたクルマに引きずられ、全治約2週間の軽傷を負う事件が起きた。警察では盗んだクルマを乗り回していた18歳の少年2人を強盗致傷容疑で逮捕している。

北海道警・函館中央署によると、事件が発生したのは5日の午前2時50分ごろ。函館市五稜郭町付近の市道で、近くの飲食店に勤務する30歳の男性が、自分の所有するクルマに見知らぬ少年が乗り込み、周辺を走り回っているのを発見した。

男性はクルマが信号待ちのために停車したところで素早く歩み寄り、助手席側のドアを開け、乗っていた少年を引きずり出そうとした。しかし、運転席にいた別の少年がクルマを急発進させ、男性はドアにしがみついたまま引きずられる状態となった。

男性は約70m引きずられ、路上に振り落とされたが、この際に下半身を打撲する全治2週間あまりの軽傷を負っている。

クルマはそのまま逃走したが、通報を受けて駆けつけた同署員が発見。乗っていた2人の少年を強盗致傷容疑で緊急逮捕した。

取り調べに対し、2人の少年は「キーが付けっ放しのクルマを見つけたので、興味半分で乗り回した」と供述しているが、男性を振り落としたことについては「知らない」などと容疑への関与を否定している。

《石田真一》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ