【CeBIT2005】インテルの車載PC

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【CeBIT2005】インテルの車載PC
【CeBIT2005】インテルの車載PC 全 5 枚 拡大写真
独インテル社は、ドイツのハノーバーで10日から16日(現地時間)まで開催される国際見本市CeBITで、車載PCのプロトタイプを『MINI』(ミニ)に搭載して展示した。

この車載PCは、「Pentium M」プロセッサーを搭載したもので、携帯電話の3G/GSMネットワークやWi-Fiによって通信可能。

音声認識技術を使用してインターネットにアクセスしたり、電子メールをチェックすることもできる。また、後部座席で鑑賞するためのDVDを再生することもできる。

またダッシュボードには、ソニーのタッチスクリーン式PC『Vaio U-70』も装着できる。車載PCとの同期も可能という。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループのCDO (Chief Digital Officer)であるヨハン・ユンクビルト氏
  • e.GO Life
  • フォルクスワーゲンのブース(CEBIT 2018)
  • ZFとDFKI(ドイツ人工知能研究センター)が共同開発したAI導入で理想的な工場生産性を実現するインダストリー4.0システム「BaSys 4.0」
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2005/03/14/68899.html/article/2005/03/14/68900.html/article/2005/03/15/68902.html