【インテグラ ワンメイク】開幕…レスポンスがオプトクラブを後援

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【インテグラ ワンメイク】開幕…レスポンスがオプトクラブを後援
【インテグラ ワンメイク】開幕…レスポンスがオプトクラブを後援 全 6 枚 拡大写真
ベルノエキサイティングカップ・インテグラワンメイクレース関東シリーズ 第1戦が2日−3日、栃木県ツインリンクもてぎサーキットで開催された。自動車ニュースサイト『レスポンス』がサポートするオプトクラブ・hpインテグラは3日の決勝で18位完走。

ホンダ『インテグラ』ワンメイクレースは国産車ワンメイクレースとしては最も速いマシンを使用し、スプリントレースの最高峰に位置するともいわれる。

東北・関東・鈴鹿・西日本の4つの地方シリーズ(各5戦)と、全国転戦をするインターシリーズ(6戦)、そして各シリーズ上位者に出場権が与えられる、F1日本グランプリのサポートレース(1戦)が存在する。

群馬県前橋市に本拠を置くオプトクラブは関東シリーズに参加、チーム代表兼ドライバーが星野清治、ゼッケン60号車。車両が完成したのが開幕戦まで1カ月ほどに迫った2月末で、不安要素を多数残したまま開幕戦を迎えた。

3日、全10周48kmの決勝レース、オプトクラブ・hpインテグラは19番手スタート。序盤の混戦でポジションを落とすも、順調にポジションアップ。しかし中盤にシフト操作のミスで後退。その後はハードプッシュを続け18位までポジションを上げ完走。

「貴重な完走ポイント/1ポイントを獲得、2005年シーズンを順調にスタートした」とチームは結果を総括する。優勝はロイヤルハウスFBSbpDC5の前嶋秀司。参加23台、完走21台。

次戦は6月4日に開催、新しくなった富士スピードウェイ(静岡県)での超ハイスピードバトルが期待される。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ純正アルミ新シリーズ
  • ウェブセミナー「安全な自動運転レベル3実現へ向けた開発最前線からのアップデート」
  • お取り寄せ車両
  • ホンダ フォルツァ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ