トヨタ新安全技術---ダブルエアバッグで衝撃緩和

エコカー 燃費
トヨタ新安全技術---ダブルエアバッグで衝撃緩和
トヨタ新安全技術---ダブルエアバッグで衝撃緩和 全 3 枚 拡大写真
トヨタが新開発した安全技術「SRSツインチャンバーエアバッグ」は、新しい助手席用のエアバッグで、衝突時に乗員が受ける衝撃を緩和する。

世界初となるSRSツインチャンバーエアバッグは、優れた乗員保護性能を追求し、オムニサポートコンセプトを取り入れた、新しい形状のエアバッグだ。

この新しいエアバッグは助手席装着用で、エアバッグを二つの袋形状とすることで、中央部にくぼみを設け、展開直後に乗員を頭・肩などの多面で受け止め、衝突時に受ける乗員の荷重を分散させる。

一つの袋状に展開する現状のエアバッグに対して展開直後に局所的にかかる人体への負担を軽減する効果が期待できるとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BluEarth-GT AE51
  • ファルケン ワイルドピークA/T トレイル 01A
  • スズキ・アクロス
  • マツダ ロードスター トヨタ 86
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV